GⅠ予想 有馬記念

予想
12 /21 2013
さぁ、今年最後を締めくくる有馬記念です。

今年最後ですから渾身の予想を展開します。

有馬記念は強い馬が勝つレースではなく、
夢を買うレースだと思っています。

私の夢は、一見平凡お思うようなレースであったが
見れば見るほど、有馬はこの馬で!と思わせるような
レースであった馬。

思えば、ダイユウサクが勝った有馬記念。
1番人気はメジロマックイーン。
誰もがこの馬が勝つ!と思っていただであろう。

そのマックイーンを破った馬の調教助手が平田調教師。
そう、私の本命はカレンミロティックです。

ハイペースで進んだ前走は、バテることなく逃げ馬を交わし
余裕の勝利で、「相当強くなっているな」と感じた馬。

1番人気はマックインーンの血を引くオルフェ。
2番人気が同じくゴールドシップ。
ならば、ダイユウサクの再現ドラマは成立する。
特にミロティックの父はハーツクライ。

そう、あのディープを有馬で破った馬である。
穴党の血が騒ぐのは言うまでもない。
今年最後はこの馬で夢を買う。

○はトーセンジョーダン
ここ数戦不甲斐ない成績であったが、前走でスランプより
脱出したとみる。
中山も相性良く、この馬の得意な展開で上位に食い込む。

▲はアドマイヤラクティ
ここのところ力を付けており、どうみてもスタミナ豊富。
調教も走る度に良くなっており、勝つ可能性もあるとみた。

★はダノンバラード
調教で追ってからの反応は凄くいい。
無用なレースはしないはず。

△1はウインバリアシオン
1年5ヶ月ぶりの前走で3着。恐れ入った。
今回は叩かれてさらに良くなっている。

△2はゴールドシップ
調教はいいのだが精神的の復活出来るか疑問。
ただし、調教は先週とは全く違う馬に変身している。
ちょっと怖い。

△3はデスペラード
前回のように先行での競馬ができれば

買い目は
3連単FM ◎→○▲★→○▲★△1△2△3 15点
3連複FM ◎→○▲★→○▲★△1△2△3 12点 




そして復活ムラッちさんの予想。

今週は有馬記念です。

今年も一年競馬に携わることが出来て幸運でした。
但し、毎週毎週レースを見ていた頃に比べるとやはり競馬勘は鈍っていますし、
そもそも馬、レースを見る機会が減り知識と言う意味でもたいしたことのないレベルになってしまいました。

もしかすると、本格的に馬券に没頭することはもう難しいかもしれません。
来年以降のことはどうなるかわかりませんが、今回が本気で予想する最後の有馬記念かもしれません。
悔いの残らないよう夢を託す馬を探したいと思います。

さてなんと言ってもオルフェーヴルの取捨をどうするか、今回の有馬記念はそこが第一のポイントとなるでしょう。

結論から言えば、私はオルフェーヴルが馬券に絡んでの馬券よりも、馬券圏内から外れての10万馬券に夢を求めたいと思います。
そもそも競馬ってなんと言っても一攫千金が醍醐味ですよね。
但し、高配当狙いと言う理由だけではなく、今回のオルフェーヴルに関しては疑問に感じる部分があります。
まず一つは凱旋門賞帰りであり、その凱旋門賞で昨年と違ってちぎられて負けている事。
今年の凱旋門賞を見る限りオルフェーヴルと言えどもやはり確実に衰えています。
また遠征帰りの疲労度はキズナが体調面を理由に回避したことからも容易にうかがえます。

思えばオルフェーヴルのピークは3歳秋の菊花賞~有馬記念。
有馬記念で超スローを上がり33.3で差し切ったレースは有馬記念史に残る衝撃的なレースでした。
しかし、競走馬のピークは長くありません。
翌年宝塚記念を陣営曰く「70%の出来」で勝ちはしましたが、凱旋門帰りのジャパンカップではジェンティルドンナに敗退。
よくよく考えればいくらジェンティルドンナが強いと言っても、あのオルフェーヴルが負けるなんて考えられないです。
つまり昨年あたりから徐々に衰えは見え始めていたのかもしれないなと思っています。
エアグルーヴもオペラオーもロブロイもサムソンもブエナビスタも最後の有馬記念では負けました。
そんなラストも時としてサラブレットの儚さを感じさせる良いエピローグとなりえますよね。
かの大川慶次郎氏がエアグルーヴの引退レースをして「この馬を無印にするのは馬に失礼」との名言を残されていますが、
中途半端な印はオルフェーヴルに失礼かとも思います。

悩んだのはゴールドシップです。
前走、前々走の大敗は想定通りと言える内容でもあるのであまり気にしていません。
但し相変わらずの切れない脚、あの脚に合うペースになるか、出来るのか、が悩みの焦点でした。
悩みに悩みましたが、さすがに今回は内田騎手を降ろしてまでムーア騎手を乗せるわけですから、須貝調教師から明確な先行が指示が出るものと考えています。
ゴールドシップが勝ち負けできるとしたら宝塚記念のように切れを殺しタフさとスタミナを存分に生かした図太いレース展開でしょう。
その点、今回はメンバー的に明快な逃げ馬はいませんが、逆に今回のようなメンバー構成のときこそ比較的流れる淀みのないペースになるのではないかと思います。
また枠順を見ると、先行しそうなダノンバラードが1番枠、カレンミロティックが3番枠に入ったのに対して、
同様に先行したかったであろうトーセンジョーダンが大外16番枠になりました。
恐らく出たなりに先行する内の2頭に対して大外に入ってしまったトーセンは外々を回らされるくらいならと、ややおっつけてでも前に行こうとするはずです。
それに出ムチを入れてでも先行したいゴールドシップで果たしてペースは落ち着くでしょうか?
おのずとペースは淀みのないミドルペース、タフなレースとなり切れ味勝負にはならないのではないかと。
私は少なくとも1000m60秒のミドルペースを予想します。
そうなれば、今の中山の上がりのかかる馬場では上がり33秒台の競馬には決してなりませんし、
先行馬 対 ゴールドシップの図式が成り立つのではと考えます。

さてここまで長々書いてしまいましたので、これ以降は簡単に。

新有馬記念ローテーションの金鯱賞馬、カレンミロティックが脚質含め面白い存在ですね。
今回は脚質からも絶好枠に入りましたし、ミドルペースでの先行も前走で実績がありますので新興勢力では最も面白い存在と思います。

前走1年4ヶ月ぶり30kg増だったウインバリアシオンが、クラシック時代のライバル オルフェーヴルに最後の挑戦。
叩いた効果も見られ、晩成のハーツクライ産駒らしく馬が完成した感があります。
そもそも1年以上の休養明けの馬の特徴は、ピークが過ぎての大敗、気力がなくなっての大敗もありますが、
良い成長期間になり馬が格段に成長して帰ってくると言うケースも稀にあります。
サクラローレルなどがそのパターンですが、ウインバリアシオンもその部類に入るのではないかと狙っています。

このハーツクライ産駒の同期2頭が同じ2枠に入ったのも怪しいです。

あとは有馬穴パターン「同年の右回り長距離重賞好走馬(特に中山)」から、AJCCを勝ち宝塚記念で2着に頑張ったダノンバラード
宝塚でもあわやのシーンがあったこの馬が1番枠に入り、前日人気が11番人気ですから明らかに狙いでしょう。
軽快に逃げるダノンバラードの姿が今から目に浮かぶようです。

以降に
オールカマーを33秒台の上がりで勝ったヴェルデグリーン
隠れ中山巧者のトーセンジョーダン(中山は5回走ってAJCC勝ちを含む3勝、5着2回 但し5着はいずれも有馬記念)
中山重賞2勝、この秋も王道ローテを進んだナカヤマナイト

以上の8頭を中心に馬券を購入しますが、最後かもしれない有馬記念ですので印や買い目は直前まで検討させて下さい。
間に合うようであればコメントで出させて頂きます。

最後にしろりゅうせいさん、今年も一年ありがとうございました。
全く当たらない予想を載せて頂き本当に感謝しておりますと共に、外れ続きでお恥ずかしい限りです。
有馬記念は当てたいところですが、果たして結果はどうでしょうか。

それでは皆様、来年もラッキーでハッピーな1年を過ごされますように。



そしてこちらも久々ワカワカさんの予想です。

久々に予想載せて頂きました。
ワカワカです。

今年もやってきた年末の大レース有馬記念。
注目はやはりこのレースで引退するオルフェーヴル。
実績・実力ともにNo.1、有終の美を飾れるのか。
前走、前前走を大敗もG1を4勝馬、復活を目指すゴールドシップ。
またオルフェ世代が8頭出走、最後にして最大のリベンジ狙う。
今年の有馬記念は意外に見所が多く楽しみな一戦。
本番が待ち遠しです(^_^)

それでは予想です。

◎ウインバリアシオン
故障による長期戦線離脱もようやくターフに帰ってきた。前走は3着だったが、+30の馬体重では仕方ない。一叩きしたことで更によくなるはず、オルフェにはクラシックで辛酸をなめさせられてきたが、最高の舞台でリベンジするときがきた。

○オルフェーヴル
この馬を○以外には落とせない。
正直調教も良くみえず、まだ本調子ではなさそうだが、実力が一番あるのは間違いない。
あっさり勝ち切ってしまうことも十分ある。

▲トーセンジョーダン
いつか復活すると思っていた馬。
前走ジャパンカップ3着で復活の兆しがみえてきた。
調教事態も悪くはなく、高齢馬でのグランプリVを目指す。

☆ダノンバラード
1枠1番という絶好枠で今年の宝塚記念では2着。中山実績もあり穴の資格は十分にある。

★カレンミロテック
実績は不十分も前走は強かった。
金鯱賞を制した勢いで上位食い込みもある。

△ルルーシュ
△ナヤマナイト
△ゴールドシップ

買い目
3連単
◎○▲-◎○▲☆★-◎○▲☆★△△△
72通り

3連複
◎-▲☆★-○▲☆★△△△
18通り



コメント

非公開コメント

No title

直前にすいません!
ようやく買いました。

◎カレンミロティック
○ゴールドシップ
▲トーセンジョーダン
☆ラブリーデイ(予想では書きませんでしたが格上げ)
からの幅広流しです。



終わってみれば…。

荒れると思っていたのに、終わってみれば平穏無事でした。
嫌いなオルフェーブル引退で、来年は馬券がよく当たる(!?)かも。
明日も頑張ります!
今年最後の中央競馬ですから。

あいかわらず

かねとしがばなーさん、どうもです。
こちらも相変わらずでした。
中央も今日で最後ですから、最後くらいプラスになりたいですね。
ソムニア期待してます。

申し訳ありません

ソムニア…期待には添えませんでした。
当方今年は4勝でした。
うち2勝のエスポがいなくなると…来年はちょっと不安です。

えすぽさまさま

かねとしがばなーさん、こんばんは!
ソムニアは残念でしたが悲観する内容ではにですね。
叩いてよくなるのではないでしょうか?
同じくエスポがいなくなると、一口生活もマイナスになりそうです。
ビッグな馬が出てこいばいいのですが・・・

しろりゅうせい

出身地:北海道釧路市
現住所:埼玉県の武蔵野線沿い
趣味:競馬、野球観戦、たまにゴルフ
   温泉は大好きです。

一口馬主愛馬応援します。
(友駿25年、キャロット7年)
ラーメンを中心としたおいしいもの。
野球はジャイアンツの応援。
その他、いろいろ書きます。

2013年度愛馬出走成績
80戦 1着6回・2着6回・3着6回
2014年度愛馬出走成績
90戦 1着3回・2着4回・3着5回
2015年度愛馬出走成績
84戦 1着7回・2着6回・3着4回
2016年度愛馬出走成績
73戦 1着3回・2着2回・3着8回
2017年愛馬成績
86戦 1着9回・2着4回・3着8回

2018年愛馬成績(2/17現在)
21戦 1着1回・2着0回・3着1回

1/6 ヴァンベールシチー  5着
1/7 パリンジェネシス   6着
1/7 スペリオルシチー   4着
1/8 プログレスシチー  11着
1/13 プリンシパルシチー 11着
1/14 コンクエストシチー   4着
1/14 エイムアンドエンド 10着
1/20 ブロンドキュート  5着
1/21 プログレスシチー  9着
1/21 パリンジェネシス  5着
1/26 モンテローザシチ-  1着
1/28 コンクエストシチー  13着
2/03 ハートランドシチー  15着
2/04 アンシャンテシチー   8着
2/04 スペリオルシチー   6着
2/11 エイムアンドエンド  3着
2/12 プレジールシチー  8着
2/13 ハイデンガールズ  8着
2/13 パリンジェネシス  8着
2/17 ブロンドキュート  8着
2/17 アンシャンテシチー  13着