予想結果~菊花賞~

予想
10 /21 2012
本日はJRAVANで当たった東京競馬場の招待席(S指定)へ
行きますので、菊花賞は東京競馬場で観戦予定です。

そのあとは、昨日で終わるだろうと思われたクライマックス
セリーグ第五戦を観戦予定。
慌ただしい1日となりそうです

では予想です。
~しろの、当てるのか!おい~

春活躍した馬が回避で、勢力図的に1強になった菊花賞。
私は穴党なので、その1強につけ入る隙のある馬を探したが
残念ながら見つからなかった。
仮にもダービーでは本命に推した馬を、このメンバーで
印を落とすこともできず◎はゴールドシップを不動の本命としたい。
神戸新聞杯でみせたパフォーマンスは強烈なインパクトがあり
展開のあやがなければ9割方勝てると見た。

○はコスモオオゾラ
皐月・ダービーでもそこそこの競馬をした馬。
残念ながら苦労人、柴田大知は乗れないが、岩田の馬に負担を
かける騎乗(追い)で何とかしてほしい。
*但し、岩田が乗るのはこれ一回でお願いします。(笑)

▲はマウントシャスタ
距離は心配する声が大きいが、宝塚であのパーフォーマンスで
あれば、なんら心配することはない。
調教も抜群を示す動きで問題なし。

★はラニカイツヨシ
前走るは行き脚付かず最後方からの競馬。
この枠であれば、中段につけることは可能だし
淡々と流れる、淀の3000はこの馬にとってプラスとなる。

△1は力つけたフェデラルホール

△2は前走中身も濃い競馬をしたスカイディグニティ

◇に未知の魅力ダノンジェラート

買い目は
三連単フォーメーション
◎→○▲☆△1→○▲☆△1△2◇ 20点
馬単BOX
○▲☆△1 12点 合計32点勝負!



それでは仕事が忙しい?ムラっちさんの予想です。
~続々・漫券至上主義~

菊花賞の予想には毎年力が入る。
今の番組編成上、おおよそ出走馬全てが経験した事のない3000mの距離に対しての
各馬の距離適正、あるいは最後の1冠に賭ける想いが予想者にとって蠱惑的なのだろう。

今年も魅力的なサラブレットが揃った。

圧倒的人気のゴールドシップは2冠達成なるか。
7頭出走するディープインパクト産駒はどうか。

いずれにしても最後のクラシックに相応しい好レースを期待したい。
今回は評価下から記載する。

フェデラルホールは当初◎まで検討した逸材。
確かに前走の中山は目立たないが強かった。
2頭しかいないステイゴールド産駒が1枠に揃った事も運命的と言える。
母父ドクターデヴィアスは欧州系の重厚な血統で長い距離は得意な印象。
しかし初京都、初重賞、初GIを考えると少し人気になりすぎた。
スリーロールスもデルタブルースも実は春に重賞に出走していることを考えると今回は少々評価を下げるべきか。
◇評価とした。

少々悩んだのがラニカイツヨシ。
父タヤスツヨシは95年のダービー馬であるが、残念ながら今まで孝行息子に恵まれていない。
その父は2008年に放牧中の事故で亡くなっているので今年の3歳世代が最後の産駒世代となる。
そしてサンデーサイレンス産駒初のダービー馬となったのはこの馬である。
マイナーながら実は人気がある種牡馬で最後の年も79頭に種付けしたほど。
やっぱり小欄は浪漫馬券であるから、この馬には感情的に印を打ちたい。
セントライト記念も決して悪い内容ではない。
プラス10kgの馬体重ながら道中最後方から直線で5着まで追い上げた。
◇評価とした。

マウントシャスタは春NHKマイルCに出走後に宝塚記念で古馬相手に好走した。
秋初戦の神戸新聞杯では馬体重プラス18kgで3着。
マイルCは失格となったが伸びきれず6着入線、その後白百合S快勝後に宝塚記念5着であるから
結果的にマイルは短く中距離の方が向いていると見ていい。馬体も成長している。
しかし、3000mの長距離はどうか。
今までの予想でも書いている通り基本ディープインパクト産駒はスピードに勝った素軽いタイプが多い。
また3歳時に宝塚記念を使う事は、秋以降の競馬に少なくとも良い影響を与えない。
前走の内容、馬体成長も加味し無印にはしないが△が妥当と判断する。

エタンダールは前走セントライト記念で明らかなトライアル仕様で4着。
ダービーも僅差と言える着差で現3歳の1戦級である事は確か。
叩いての上積みも見込める今回は馬券圏内に入ってきても不思議ではない。
△評価とした。

☆ミルドリーム。
現時点で17番人気だが、京都はエタンダール以下を完封した梅花賞で勝っている通り好相性。
坂のあるコースでダメなのは、08年3着のナムラクレセントも同様だった。
前々走から乗る江田騎手も言わすと知れた穴騎手、それでいて厩舎はやり手の角井厩舎。
その江田が前走で「フェラーリの乗り味」と言った隠れた逸材。
馬格がないのでスピード勝負には向かないが、その分3000mの菊花賞には向くと見た。

▲ユウキソルジャー。
京都は2戦2勝の舞台。
函館で2600mを勝っているように長い距離も苦にしないスタミナの持ち主。
父はこれまたマイナー種牡馬のトーセンダンス。
だが、血統面からはダンスインザダークやエアダブリンの全兄弟が父なのだから及第点を与えられよう。
ラニカイツヨシもそうだが、こういったマイナー種牡馬の産駒が菊花賞では3着くらいに来るイメージがある。
レース振りも良い。
5月の京都で2400mを好位差しで勝ち、一戦おいて函館の2600mをやはり好位差しで勝利。
神戸新聞杯も前崩れの流れの中で先行して唯一4着に粘ったのだから評価出来る。
秋山騎手も今年はカレンブラックヒルでGIを勝ち、この馬で来週の天皇賞に景気をつける。

○ベールドインパクト。
前走神戸新聞杯は10着と沈んだが元々皐月もダービーも皆勤の実力馬。
両レースとも1秒以内の着差。
ちなみに今回両レースとも出走している馬はわずかに4頭、本馬の他にゴールドシップ、コスモオオゾラ、トリップしかいない。
京都は京都新聞杯2着があるように問題ない。
何より、公表は出来ないが菊花賞激走パターンにピタリと当てはまった。
四位騎手、大久保龍厩舎といえばアサクサキングスで菊花賞を勝ったコンビであり、
距離も全く不安なしとのこと。
ちなみに今回前述したとおりステイゴールド産駒が1枠に2頭、そして母父ドクターデヴィアスがその隣に2頭並んだ。
怪しい事この上なく、激走パターン当てはまりも含め○に抜擢した。

◎ゴールドシップ。
言わずと知れた皐月賞馬。
騎手、コース、距離、馬場、状態、前走評価、関係者コメント、全て含めて◎はこの馬以外に打てまい。
小欄予想、春オルフェーブルでやらかしているが今回のゴールドシップが負けるようなら諦めがつくというもの。
調教最悪だった前走神戸新聞杯が圧勝で、今回は前回とは比べ物にならない出来との陣営コメントにしびれた。
1着固定で行く。

◎ゴールドシップ
○ベールドインパクト
▲ユウキソルジャー
☆ミルドリーム
△1エタンダール
△2マウントシャスタ
◇フェデラルホール
◇ラニカイツヨシ

三連単フォーメーション
◎→○▲☆△1→○▲☆△1△2◇◇ 24点

ワイド
☆→○▲△1△2◇◇ 6点

計30点


それでは前回惜しかったワカワカさんの予想です。
~復活!飲むなら寝るな~

◎ロードアクレイム
○ベールドインパクト
▲ゴールドシップ
☆エタンダール
△フェデラルホール
△コスモオオゾラ


買い目
3連単
◎○▲-◎○▲☆-◎○▲☆△△
36通り
3連複
◎-○▲☆△△
10通り

コメント

非公開コメント

しろりゅうせい

出身地:北海道釧路市
現住所:埼玉県の武蔵野線沿い
趣味:競馬、野球観戦、たまにゴルフ
   温泉は大好きです。

一口馬主愛馬応援します。
(友駿25年、キャロット7年)
ラーメンを中心としたおいしいもの。
野球はジャイアンツの応援。
その他、いろいろ書きます。

2013年度愛馬出走成績
80戦 1着6回・2着6回・3着6回
2014年度愛馬出走成績
90戦 1着3回・2着4回・3着5回
2015年度愛馬出走成績
84戦 1着7回・2着6回・3着4回
2016年度愛馬出走成績
73戦 1着3回・2着2回・3着8回
2017年愛馬成績
86戦 1着9回・2着4回・3着8回

2018年愛馬成績(2/17現在)
21戦 1着1回・2着0回・3着1回

1/6 ヴァンベールシチー  5着
1/7 パリンジェネシス   6着
1/7 スペリオルシチー   4着
1/8 プログレスシチー  11着
1/13 プリンシパルシチー 11着
1/14 コンクエストシチー   4着
1/14 エイムアンドエンド 10着
1/20 ブロンドキュート  5着
1/21 プログレスシチー  9着
1/21 パリンジェネシス  5着
1/26 モンテローザシチ-  1着
1/28 コンクエストシチー  13着
2/03 ハートランドシチー  15着
2/04 アンシャンテシチー   8着
2/04 スペリオルシチー   6着
2/11 エイムアンドエンド  3着
2/12 プレジールシチー  8着
2/13 ハイデンガールズ  8着
2/13 パリンジェネシス  8着
2/17 ブロンドキュート  8着
2/17 アンシャンテシチー  13着