予想!勝手にしやがれ(宝塚記念)

予想
06 /24 2012
さて、いよいよ前半GⅠが最終章を迎えました。
予想!勝手にしやがれも今回をもって閉幕です。
最後にどのような熱い予想が展開されることやら。

それでは、最後まで的中せずに終了するのか!
しろりゅうせいの予想です

~しろの穴波にのれ!~

タイトルに思いを込めて、今回予想を展開したが
結果的に残念な結果となってしまった。

それでも、高額馬券に近づけたと自負はしている。

予想をしている上で一番大事なことは、
それが楽しめるかどうかだと思う。

今回ははずれが続いたものの、仲間と楽しくできたと思う。
そんな予想仲間のムラっちさん、ワカワカさんには
感謝の意を示したい。

そして途中、特別ゲストで予想に参加いただいたまこっちゃん。
大変ありがとうございました。

春のGⅠ予想としては最後となりますが、
また秋にタイトルを変えて、楽しく予想を展開したいと思います。

さて、最後のしろの予想です。

今回が天気だ雨のぐちゃぐちゃ馬場ならば、
「ネコパンチが逃げる、魚をくわえて逃げる!」
という見出しにしようと思ったが、どうやらそういう訳には
いかないようだ。
それでも私の大好きな大逃げという展開になるであろうから
レース的には面白。

ただ中間に降った馬場は、レース当日には完ぺきに回復する。
4コーナでネコパンチを捉える、ビートブラックの姿と
直線先頭を宣言している、アーネストリ―の姿が想像できる。

そこからが予想をする上で重要なる。

ネコパンチが逃げる姿は一見、Hペースに見えるが
実際は平均ペースになるであろう。

Hぺ―スで4コーナー先頭を狙うビートとアーネストリーが
勝つ競馬にはならない。
ならば・・どの馬が

◎はフェデラリスト
この馬も勝ち方はSぺ―ス好位がほとんどで
勝ち方も地味であるが、中山記念だけは違った形で優勝。
このレースで衝撃的だったのは、逃げるシルポートが
してやったりの競馬で勝ったかと思ったところを
次元の違う脚で差し切ったところである。

SペースよりもむしろMペース以上で本領発揮できる馬とみる。
中間の調教は迫力ある走りで、悲願のGⅠ達成と
障害で苦労を重ねた田中剛調教師に勝利をもたらしてくれるであろう。

○はトゥザグローリー
大敗か惜敗か?
そんなレースが続いているが、あきらかに今回は充実一途。
ドバイ回避でむしろいい状態で挑めるようになり
今回は大敗はしないはず。
調教も前回と比較にならないほど良く、悲願のGⅠ制覇となる
可能性は充分であろう。

▲はルーラーシップ
香港では圧勝に見えるが、終始内々を通り、
なぜか4コーナーでぱっかり前が開くという展開も
恵まれての圧勝。
それでも動きや、レース振りは評価できる。

★はオルフェーブル
勝つか大負けるかどちらか1つだと思う。
かりにも4冠馬。7割のできという評価であるが
7割でも力を出せるハズ。
予想の先頭には置くが、飛ぶ可能性もあるので
予想上は先頭に置くだけにする。

△1はマウントシャスタ
53Kで出走できる恩恵をフルに発揮できるはず。

△2はショウナンマイティ
ここのところ本格化した印象で。

△3はウィンバリアシオン
そこそこ走ると思うが勝ちきるまでは?


馬券は三連単フォーメーション

◎○▲★→◎○▲→◎○▲△1△2△3 39点



続いて逃げ切るを狙うムラっちさんです。
~続・漫券至上主義~

今更ながら、なかなか思うように行かないものである。
競馬も、仕事も、人生も。

そんな時をどのように打破するか。
まずはその時出来る事を粛々とやること。
その小さな一歩が、目の前にそびえる壁に一筋の突破口を切り開くと信じる。

さて春競馬ラストの宝塚記念。
◎候補が多く目移りするほどの好メンバーが揃った。
こんな時は前述した通り、粛々と1頭ずつ検討する。

まずはオルフェーヴル。
天皇賞で「10回走って10回勝てる」と言い切っての11着惨敗には未だに赤面する思いである。
この宝塚もギリギリまで出否を検討したうえでの出走。
その上での陣営のコメントが「本当にいい頃の出来と比べると7割の出来」では少々理解に苦しむ。
出走を迷っていたのだから7割の出来であれば出なければ良いのに、と思ってしまうが、
そこはファン投票1位の意地と、それ以上に三冠馬の意地か。
言い方を変えれば、「75点くらいの出来だけどそれなりに勝負出来るでしょう」ということである。
そう判断された他馬もなめられたものだが、昨年は全馬が蹴散らされているのもまた事実。
「天皇賞のような恥ずかしい競馬にはならない」の言葉を信じて、
それでも7割の現状を見据えると1着はないと結論付けて☆評価とする。

ルーラーシップ。
ダービー時の小欄予想で「将来的に世代を統べる可能性を持った馬」と書いたが、
本格的にその時期が到来したように思える。
初GI勝ちが香港とは派手なパフォーマンスである。
但しその前走は、鞍上の好騎乗やコース取りも含めて勝つべくして勝った競馬。
前走を鵜呑みにする前に前々走日経賞の敗戦や、昨年の宝塚記念の敗戦をきちんと見据えるべき。
恐らく今回は好位の一角を進む展開となり、前を行く馬を早めに追いかける展開になると
日経賞でウインバリアシオンにゴール直前で差されたように直線で最後の一押しが利かなくなるのではなかろうか。
そこは豪腕ウイリアムズの手綱さばきに期待だが、前走が海外だった分少々割り引きたくなるのも正直なところ。
逆転勝ちまである▲評価とする。

ウインバリアシオン。
武豊騎手騎乗であれば◎と決めていた。
無論岩田騎手は超のつく一流ジョッキーであることは知っているが、
それでも武豊騎手が今年GIを勝つとしたらこの宝塚が最大のチャンスであったことであろう。
宝塚記念は古くから逆転のレース。
かつてはメジロライアンがマックイーンを逆転しGI初勝利を飾り、
メイショウドトウは2年越しでテイエムオペラオーに土をつけ、
アドマイヤムーンはクラシックの悔しさを晴らして年度代表馬に上り詰めた。
ウインバリアシオンも十分にその資格を有している戦績と言えよう。
特に前々走ルーラーシップに先着した日経賞は評価出来る。
◎と紙一重の○評価とする。

最後に●トゥザグローリー。
阪神は5戦4勝の舞台で、負けたのは夏負けの状態だった昨年の宝塚記念のみ。
前走の鳴尾記念もスローペースを2番手でピタリと折り合いあがり33.2を繰り出して危なげない勝利。
これには一皮むけた感を抱いた。
道悪の中山記念を惨敗してドバイをきっぱりとあきらめて立て直した陣営の努力の賜物であろう。
また過去10年の金鯱賞1着馬の宝塚記念成績も2.2.2.2と安定している。
(ちなみに着外は2005年タップダンスシチーと昨年のルーラーシップ)
元よりトゥザグローリーがGIを勝つとしたら、苦手の東京のレースや距離が1ハロン長い有馬記念ではなく
阪神2200mの宝塚記念以外にはあり得ない。
あとは福永騎手に全てを託して●評価とする。

△1 昨年覇者アーネストリー。
陣営から「4角先頭で自分の競馬で差されたら仕方ない」の潔いコメントに無印から急遽印を打つ。

△2 ドバイ帰りも好調教 エイシンフラッシュ。
ドバイ帰りも好調教で。

◇32秒台の男、ショウナンマイティ。

◇阪神連対100% ホエールキャプチャ。

●トゥザグローリー
○ウインバリアシオン
▲ルーラーシップ
☆オルフェーヴル
△アーネストリー
△エイシンフラッシュ
◇ショウナンマイティ
◇ホエールキャプチャ


買い目

三連単フォーメーション
●→○▲☆→○▲☆△△◇◇ 18点×100
○▲→●→○▲☆△△◇◇ 12点×100
○▲→○▲☆△△◇◇→● 12点×100

更に
●→○▲☆→○▲☆ 6点×200
○▲→●→○▲☆ 4点×200
○▲→○▲☆→● 4点×200

馬単
●→○ 1点×1000
●→▲☆ 2点×500
○▲→● 2点×500

計\10,000、全てトゥザグローリーと心中馬券とする。



逆転なるか?ワカワカさんです。
~ワカのはワカらん!ワカに聞け!!~

ついに今年上半期の総決算、宝塚記念!
注目すべきは
やはりオルフェーヴルだろう、前走はまさかの惨敗。
去年の強さが戻ってきているかが焦点になりそう。
陣営は7割のできといっていたがはたして…。

しろさん、ムラッチさんとの勝負も大詰め。
逆転目指して頑張ります。


●ルーラーシップ
前走は海外でG1を初制覇。
調教の動きも軽快、調教後の馬体重が前走比+16キロは気がかりも、
国内G1初制覇はみえた。

○トゥザグローリー
調教は抜群。
暑さに弱いが今年は例年よりも涼しいのが災いし体調は大丈夫そう。
重賞5勝、あとは欲しいのはG1タイトルのみ。

▲アーネストリー
去年の宝塚記念の勝馬。
前走は位置取りに失敗しての5着、
完全に力を発揮できてはいなかった。
だか今回は明確な逃げ馬がいるだけに競馬がしやすいはず。

☆エイシンフラッシュ
ドバイ帰りも調教をみる限り問題なさそう。
屋根も内田騎手に戻りダービー以来の勝利を。

△1ショウナンマイティ
△2ウインバリアシオン
□オルフェーヴル
□フェデラリスト

3連単
●○▲-●○▲☆-●○▲☆△△□□
54通り

●○▲☆-△1-●○▲☆△2□□
24通り

●-○▲☆-○▲☆
6通り×5

10,800円勝負!!

コメント

非公開コメント

しろりゅうせい

出身地:北海道釧路市
現住所:埼玉県の武蔵野線沿い
趣味:競馬、野球観戦、たまにゴルフ
   温泉は大好きです。

一口馬主愛馬応援します。
(友駿24年、キャロット6年)
ラーメンを中心としたおいしいもの。
野球はジャイアンツの応援。
その他、いろいろ書きます。

2013年度愛馬出走成績
80戦 1着6回・2着6回・3着6回
2014年度愛馬出走成績
90戦 1着3回・2着4回・3着5回
2015年度愛馬出走成績
84戦 1着7回・2着6回・3着4回
2016年度愛馬出走成績
73戦 1着3回・2着2回・3着8回


2017年愛馬成績(6/17現在)
37戦 1着2回・2着3回・3着5回 

01/05 スペリオルシチー 9着
01/16 クレイトンシチー  2着
01/19 デステニィシチー 10着
01/21 グリシーヌシチー 5着
01/21 マイティーニー  3着
01/29 クレイトンシチー 11着
01/29 グリシーヌシチー 4着
02/11 ハイデンガールズ 5着
02/18 ラッシュアタック  13着
02/19 コンクエストシチー 10着
02/25 プログレスシチー 3着
02/25 ハイデンガールズ 1着
02/26 スペリオルシチー 7着
03/11 コンクエストシチー 3着
03/12 プログレスシチー 4着
03/20 ラディアントシチー 13着
03/25 マイティーニー  13着
03/26 コンクエストシチー 13着
03/30 シャンドランジュ 8着
04/01 パリンジェネシス 6着
04/02 プレジールシチ- 落馬
04/09 グリシーヌシチー 3着
04/09 ラッシュアタック 2着
04/16 コンクエストシチー 落馬
04/22 グリシーヌシチー 7着
04/22 スペリオルシチー 3着
04/27 シャンドランジュ 10着
04/29 ラッシュアタック 6着
04/30 コンクエストシチー 8着
05/07 ヴァンベールシチー 1着
05/14 コンクエストシチー 13着
05/20 シルヴァーナ 11着
05/21 プレジールシチ- 5着
05/27 ヴァンベールシチー 6着
06/11 クレイトンシチー 12着
06/17 プレジールシチ- 2着
06/17 ハイデンガールズ8着