予想!勝手にしやがれ(日本ダービー)

予想
05 /26 2012
昨日は、日本ダービー検討会を開催。
今年の検討会は何と特別ゲスト、ブログでお世話になっている
「サラリーマン一口馬主 つくね厩舎」のまこっちゃんを
招いての検討会で大いに盛り上がりました。

まこっちゃん、出張中の忙しい中、我が予想メンバーの
検討会に参加くださいりありがとうございました。

明日の日本ダービー、そのまこっちゃんの特別予想の参戦も
あるかもしれません。とても楽しみです。

さて、競馬関係者なら誰もが意識する日本ダービー!
当然ここだけは予想を当てたいという気持ちを持っています。
今回の検討会を含め、悩んだ末の予想を公開します。

では、今春絶好調のムラっちさんの予想を
本ブログ本紙としてまずは公開!

~続・漫券至上主義~

やはりダービーウィークは良い。
少しでも時間があれば自然と予想に耽ってしまう日々。

幸い今年の馬場予想は良。
あくまで個人的な見解であるが、
ダービーは良馬場で、力と力のぶつかり合いが見たいものである。

毎年鬼門のオークスを的中通過し、より一層予想に力が入る。


さて東京優駿。

今年は阪神大賞典でのオルフェーヴルの逸走、天皇賞春での大惨敗と珍しいレースが多いが、
その中にあっても第一冠皐月賞は極めて特殊なレースであったと言えよう。

道中最後方追走が勝ったゴールドシップで、そのひとつ前が2着だったワールドエース。
この構図は比較的よくあるパターンだが、両者の通った道のりはまさしく両極端。
荒れた馬場を嫌って他馬がこぞって外をまわる中、一頭最内を突いたゴールドシップと、
お構い無しに他馬にかぶせて大外をまわったワールドエース。

この差は優に10馬身。決定的な差といえよう。

昔のファミコンで言う「裏技」を使って直線入り口3番手に「ワープ」したゴールドシップと、
外をまわる他馬の更に外に持ち出したワールドエースの最終的な着差が2馬身1/2なのだから、
どちらがより豪脚を繰り出したかは一目瞭然であろう。

これは人気にも反映される。
おそらく一番人気はワールドエースとなろう。

それでも今年は◎ワールドエースに賭ける。

勝負事に「たられば」が禁物であることはわかっているが、
「裏技」がなければ皐月賞とて大外をぶん回したワールドエースが
ディープブリランテを1馬身差して勝ったレース。
中山の稍重馬場を考えれば信じ難い鬼脚である。
東京替わりで5馬身ぶっちぎったスペシャルウィーク並の圧勝まであり得よう。

もうひとつ、騎手 福永の心境。
記事で見たインタビューで
「今回は最大のチャンスだと思いますが、最後のチャンスだとは思っていません。
でもやはりワールドエースを勝たせてあげたい。一番チャンスがあると思うから。
きちっと結果を出せる騎乗をしたい、それだけです。」

最後のチャンスと思わないことで、ギリギリの線での執念めいた騎乗が出来るかは疑問だが、
少なくとも今回のワールドエースに関して言えばギリギリの騎乗は必要ない。
普通に走れば勝てる。その領域に人馬がいると思える。

オッズ発表前なので無効となるかもしれないが、鉄板の●として勝負する。

以降はワールドエースの2着争い。

○グランデッツァ。
皐月賞は1番人気5着も位置取りは道中ワールドエースの一つ前ではやむを得ず。
直線滑っていたとのコメントもあるが、それ以前に位置取りの問題。
ワールドエースのような33秒を切る瞬発力があるなら話は別だが、あの位置からでは普通は届かない。
それでも上がり3番目(35.4)で5着に来るのだから力は示したと言える。
ちなみに勝ったゴールドシップが34.6、ワールドエースが34.9でそれ以外は軒並み36秒以上かかっているから、
いかにこの3頭が抜けた脚を使ったかがわかると言うもの。
あとはゴールドシップとの力量比較であるが、この2頭の比較は札幌2歳Sのままで良いのではなかろうかと思う。
暮れのラジオNIKKEI賞ではグランデッツァが筋肉痛明けでハナ差されたが、言い替えればそれでもハナ差。
府中の広い馬場であれば、力量がそのまま着差に反映されよう。

▲ゴールドシップ。
それでも皐月賞馬は皐月賞馬。
実力がなければ内を突いても勝てないし、直線突き放す事も出来ない。
東京は共同通信杯を勝っているようにコース適正も問題なし。
前述グランデッツァとの比較、及び前走マイナス8kgの馬体重が少々気になり3番手評価としたが、
少なくとも恥ずかしい競馬はしない。

☆ヒストリカル。
きさらぎ賞ではワールドエースを上回る32.8を繰り出し2着確保したように、末脚は強烈。
毎日杯を勝ち、皐月賞をパスしてダービー一本に絞った事にも好感が持てる。
但し、この手のタイプが来た記憶がないため4番手まで評価を下げた。

△1トリップ。
新馬戦の鮮やかな勝ち方がどうしても忘れられない。
皐月賞大敗は内にのめって参考外で、弥生賞2着、ラジオNIKKEI賞も4着で世代屈指の実力馬。
今回は人気もかなり落として気楽な立場。
中山よりも広い京都や東京が合うタイプに思えてならぬ。

△2トーセンホマレボシ。
京都新聞杯の日本レコードは強烈。
鞍上魅力でレコードの反動がなければ2着あり得る。

◇ディープブリランテ
◇フェノーメノ


三連単フォーメーション

大本線は
●→○▲→○▲ 2点×\2,000=\4,000

●→○▲☆→○▲☆△1△2 12点×\500=\6,000

●→○▲☆→◇◇ 6点×\300=\1,800

●→△1→○▲☆△1△2◇◇ 6点×\100=\600

●→△2◇◇→○▲☆△1△2◇◇ 18点×\200=\3,600

馬単
●→○ \3,000
●→△1 \1,000

今回はこの春最大の勝負。




それでは現在第2位、ワカワカさんの予想です。

~ワカのはワカらん!ワカに聞け!!~

遂に今年度3歳王者を決める日本ダービーが開催される。
今週はずっとスポーツ紙を出社前に読んでいて、
ダービーを心待ちにしていた。
どうやら人気ではゴールドシップとワールドエースの2強対決。
果して結果は…。

今年のダービーの本命は
◎ディープブリランテ
調教が抜群!!力強く坂を駆け上がってきた姿をみて◎に決めた。
屋根の岩田は先週まで騎乗停止であった為、この3週間の全ての調教に騎乗。
その岩田からは「これで負けたら仕方ない」
というコメントが出るぐらい出来は万全。
元々潜在能力の高さは皆が認めるところあとは上手く折り合えるかだろう。
今年に入って【0210】と勝ち星はないが折り合いを欠いての結果。
2強より前で競馬ができ、終いの足もある。
十分に可能性はある。
まだまだ成長時期の3歳馬。
2強とは生まれが2ヵ月も遅いし、この1ヵ月で逆転がある。

○ワールドエース
皐月賞は大外を廻っての2着。
それも馬場が悪かったせいで超大外だった。
内をいったゴールドシップも力があり強かったが、
あの時点では他馬より一枚上の印象。
普通に廻ってこれたら勝つのはこの馬かもしれない。
あとは屋根の福永にかかってくる。

▲ヒストリカル
毎日杯からのローテーションでの好走は聞いたことがないが、
末脚はこのメンバーの中でもトップクラス。
1枠2番の絶好枠を生かし脚をためれれば。

☆モンストール
現在ブービー人気も皐月賞、NHKマイルを◎にした馬。
正直なところ、意地で☆をつけたところもある。
ただ末脚だけは確かだし、3着は狙えるはず。
今回外枠だが、揉まれないのでかえって競馬がしやすいはず。

△1ゴールドシップ
△2トーセンホマレボシ
□フェノーメノ
□エタンダール
□べールドインパクト

3連単
◎○-◎○▲☆△1-◎○▲☆△1△2□□□
56通り

◎○▲-△2-◎○▲☆△1□□□
21通り

ワイド
☆-◎○▲△1△2□□□8通り×3




そして、今季不調の体調も不調のしろりゅうせいの予想です。

~しろの穴波にのれ!~

さて、注目を集めている2頭(2強?)のゴールドシップと
ワールドエース。
このどちらかで決まるのか?
それとも割って入る馬がいるのか?
楽しみな日本ダービーとなった。

皐月賞で大外を廻って2着となったワールドエース。
内をすくって勝ったゴールドシップ。
一見するとワールドエースが強い競馬をしたかに見えるが
決してそうではない。

3コーナ手前で仕掛けて行ったゴールドシップは
馬場の悪いところを通りながらも、既にエンジンが掛かっており
普通であれば坂を昇りきったところで、パタッと止まるもの。

中山のコースで18頭立て最後方で、あそこで仕掛けて
更に伸びる馬はそうそういない。

スタミナ、スピードを備えていなければ出来ない技(わざ)である。

血統的には母の父にメジロマックイーンが入っており
晩成型であるのは間違いなく、もっと強くなるだろうが
オルフェと同じ血統であれば、ここも3冠への通過点となろう。

本命はゴールドシップ。!新たな芦毛伝説が始まる。

○はフェノーメノ
弥生は馬場が悪く、しかんも脚を余しての負け。
東京は3戦3勝と相性がいい。
青葉のラップを見ても例年のスローペースではなく
平均ペースで最後まで離すパフォーマンスであれば
ここでもいい勝負が可能と判断する。
蛯名にダービージョッキーのプレゼントをしてくれるかもしれない。

▲はヒストリカル
2走前のきさらぎはワールドエースを上回る上がりで
仕掛けどころさえ早ければ、逆転はあったと思う。
末脚勝負であれば、こちらも負ける訳にはいかない。

★はワールドエース
強さは本物。
ただし、メンバー的に最後の直線で差し切るイメージが沸かない。
追いこんで2着というイメージが先行して・・・。

△1はトーセンホマレボシ
パンパンの馬場でうまく先行できれば

△2はエタンダール
調教は前回より更によく

△3スピルバーグ
スタートさえうまくいけば

買い目
3連単フォーメーション
◎○▲ー◎○▲★ー◎○▲★△1△2△3
48点×100 




そして特別ゲストまこっちゃんの予想です。
果たして的中なるか?

◎フェノーメノ
蛯名がダービージョッキーに名を連ねることができるとしたら、この馬。
競馬の神のジャッジは?
府中で走るフェノーメノ。蛯名が早め先頭で本気で追えば、後続を封じ込む。

○ワールドエース
これは、強い。アッサリ勝つかもしれない。不安要素は、福永。
追い出しのタイミングが遅れてしまうと、またも痛恨の二着になるかも。

▲ゴールドシップ
悩んだ。自分の感覚では消し。
だけど、予想をすればするほど消す理由が見つけられない。
こういう馬は、怪物だろう。
馬券的には美味くないが、入れてしまいました。


1スピルバーグ
2ヒストリカル
3ベールドインパクト
4ディープブリランテ
5エタンダール
6トーセンホマレボシ
ディープインパクト産駒6頭

買い目 
3連単フォーメーション
◎○▲ー◎○▲ー◎○▲△6頭
42点×100

馬単
ワールドエース2着固定
◎▲△6頭×○
8点×100

コメント

非公開コメント

ダービー

ダービーは スピルバーグから狙いま~す♪

スピルバーグ

おでんさん、こんばんは!
スピルは東京走るのでいいかもしれません。
私は△3にしましたが、一度は▲に考えていましたので・・・

簡単なようで難しい結果でした

終わってみれば、難しいようで簡単なようで、難しい結果だった気がします。
当方は馬券的中せず、残念。

結果的には

かねとしがばなーさん、こんばんは!
う~ん、確かに簡単のような、難しかったような・・
こちらも馬券は散々です。
なんとかしなきゃダメかなぁ・・

しろりゅうせい

出身地:北海道釧路市
現住所:埼玉県の武蔵野線沿い
趣味:競馬、野球観戦、たまにゴルフ
   温泉は大好きです。

一口馬主愛馬応援します。
(友駿25年、キャロット7年)
ラーメンを中心としたおいしいもの。
野球はジャイアンツの応援。
その他、いろいろ書きます。

2013年度愛馬出走成績
80戦 1着6回・2着6回・3着6回
2014年度愛馬出走成績
90戦 1着3回・2着4回・3着5回
2015年度愛馬出走成績
84戦 1着7回・2着6回・3着4回
2016年度愛馬出走成績
73戦 1着3回・2着2回・3着8回
2017年愛馬成績
86戦 1着9回・2着4回・3着8回

2018年愛馬成績(7/21現在)
69戦 1着4回・2着7回・3着2回

1/6 ヴァンベールシチー  5着
1/7 パリンジェネシス   6着
1/7 スペリオルシチー   4着
1/8 プログレスシチー  11着
1/13 プリンシパルシチー 11着
1/14 コンクエストシチー   4着
1/14 エイムアンドエンド 10着
1/20 ブロンドキュート  5着
1/21 プログレスシチー  9着
1/21 パリンジェネシス  5着
1/26 モンテローザシチ-  1着
1/28 コンクエストシチー  13着
2/03 ハートランドシチー  15着
2/04 アンシャンテシチー   8着
2/04 スペリオルシチー   6着
2/11 エイムアンドエンド  3着
2/12 プレジールシチー  8着
2/13 ハイデンガールズ  8着
2/13 パリンジェネシス  8着
2/17 ブロンドキュート  8着
2/17 アンシャンテシチー  13着
2/18 ヴァンベールシチー  6着
2/24 ラッシュアタック   2着
3/03 ハイデンガールズ  4着
3/04 ハッピーメモリアル  7着
3/04 プレジールシチー  10着
3/04 コンクエストシチー  2着
3/17 コンクエストシチー  2着
3/17 スペリオルシチー  1着
3/25 ハッピーメモリアル  9着
3/25 ラッシュアタック   4着
3/29 モンテローザシチ-  6着
4/07 ハイデンガールズ 11着
4/07 ヴァリアスシチー 9着
4/08 ブロンドキュート  6着
4/08 コンクエストシチー  6着
4/15 パリンジェネシス  1着
4/20 モンテローザシチ-  7着
4/21 ハイデンガールズ 5着
4/28 ハートランドシチー  4着
5/06 ブロンドキュート  10着
5/08 モンテローザシチ-  2着
5/12 アンシャンテシチー  7着
5/19 ハイデンガールズ 10着
5/20 ヴァンベールシチー 10着
5/20 ハッピーメモリアル  13着
5/20 スペリオルシチー  7着
5/24 モンテローザシチ-  11着
5/26 ハートランドシチー  7着
5/27 パリンジェネシス  1着
6/02 ハートランドシチー  7着
6/02 コンクエストシチー  8着
6/16 ヴァリアスシチー 9着
6/17 ラッシュアタック  14着
6/23 アンシャンテシチー  4着
6/24 ハッピーメモリアル 14着
6/30 ラッシュアタック   7着
7/01 ハートランドシチー 14着
7/01 パリンジェネシス  2着
7/01 エイムアンドエンド 5着
7/01 ハイデンガールズ 4着
7/07 ニードルズアイ  2着
7/08 アンシャンテシチー 競争中止
7/10 モンテローザシチ-  11着
7/21 ニードルズアイ  4着
7/21 ブロンドキュート  3着
7/21 コンクエストシチー  14着
7/21 スペリオルシチー  2着
7/21 ハイデンガールズ 9着