予想!しろと仲間と夢の途中~菊花賞~マー公予想追加

予想
10 /22 2011
明日は愛馬、アルセーヌが出走します。
勝って弾みをつけて、菊花賞に行きたいきたいところです。

では、しろの予想から

~しろのおけら街道一直線!~

久しぶりに3冠馬誕生か!
オルフェーヴルの強さは、皐月賞・ダービーで実証済み。
つけいる隙はないと判断し、◎にしようとしたが
どうもしっくりこない。なぜだろう??

私の中では好きではない騎手にNo1の池添が乗るからだろうか?
(なぜか、彼のガッツポーズは激しくむかつくのである)
いや、そうではない。やっぱり理由がある。

今回の菊花賞は京都競馬場。
中山に続くような、特有なコースである。
オルフェーヴルは、この京都を2回走り1度も勝っていない。
しかも菊花賞が作るペースは、瞬発力が効かない
上がり平均35秒前後である。

強さは認めるが、3000mのスタミナ勝負
負かす為に奇襲を仕掛ける馬もいるはずで
ここは▲までとしたい。

本命はトーセンラー。
まさに、スタミナ色強く京都はぴったしである。
きさらぎのようなレース展開になるはずで
オルフェより早めに動いて抜け出す。
調教も前走のセントより良く、悲願にGⅠ馬になるであろう。

対抗はフレールジャック。
神戸での5馬身差は致命的に思えるが、決してそうではない。
仕掛け遅れと位置取りに手間取っただけで
今回はオルフェやラーより前で競馬をするはず。
エンジンのかかりが遅い馬で、勝ちにいく競馬で
早めに動くと面白い。

▲は上記オルフェ

★は距離通用するウインバリアシオン
休み明けを叩いて良くなってきている。

△1は出遅れなければ3着の可能性あるサダムパテック
△2は母の父にメジロマックイーンの血が入っている
フェイトフルオー

買い目は
三連単フォーメーション
◎○▲→◎○▲★→◎〇▲★△1△2 各100円
馬単マルチ
◎⇔○▲★△1△2



それではムラっちさんの予想です。

~ムラっちの漫券至上主義!~

淀の直線はオルフェーヴルの三冠ロード最終章となり得るのか、
それとも、世代2頭目のクラシックホース誕生への花道となるのか。

2011年の菊花賞最大の焦点は、やはりオルフェーヴルの評価、取捨であろう。
前日オッズで単勝は2番人気以降を大きく引き離してダントツの1.4倍。
三連単もほとんどがオルフェ頭の売れ行き。
確かに、春の2冠馬が前哨戦圧勝となれば人気も頷ける。
だが、現実は強い馬が強い競馬をして勝つレースばかりではない。
特にどの馬も未経験の3000m菊花賞となれば尚更である。

春のレースの分析をしてもあまり意味がないので、前哨戦である神戸新聞杯を分析しよう。
極端なスローペースの中、オルフェーヴルは直線で切れ味鋭く抜け出してゴール前は手綱を抑える余裕の勝利。
勝ちタイムはともかく、上がり3ハロンは驚愕の32.8である。確かに強い。
がしかし、スローペースの上がり勝負となった神戸新聞杯では、実際のところ総合力の比較は難しい。
上がりの切れ味は、「性能の違い」ではなく「性質の違い」とも言えるからだ。
どんなに強い馬でも上がり3ハロン33秒を切れない馬は沢山いる。
神戸新聞杯は、オルフェーヴルの切れ味ばかりが目立つレースとなったが、2着ウインバリアシオンとの着差はわずかに0.4秒。
これはまさに上がり3ハロンのタイム差であるから「性質の違い」の差と言えよう。
サンビームが引っ張る菊花賞では、超ハイペースになることは考えにくいが、それでも上がりが32秒台になることはまずあり得まい。
無論オルフェーヴルの「性能の違い」は認めるが、それでも他馬に徹底的にマークされる立場はそんなに楽なものではなく、
切れすぎる脚故に、3000mの距離は味方をしてくれないのではなかろうかという危惧もある。
現に全兄ドリームジャーニーはお世辞にも3000mがベストディスタンスとは言い難かった。

当初はシンボリルドルフ逝去の報道から、浪漫予想として新たな三冠馬誕生を予感していたが、
単勝1.4倍はほんのわずかな穴もない馬、重箱の隅のつつきようがない馬のみ投資を許される領域。
それならば徹底的に万券を追求するのも競馬の醍醐味のひとつであろう。

◎ウインバリアシオン。
とは言え、淀の3000mでオルフェーヴルに勝てるとしたらこの馬以外には考えられぬ。
当初は血統面から3000mを心配していたが、陣営からは3000mがマイナスになる馬ではない、とのコメント。
2着だったダービー時より、3着を1.1秒突き放していたようにオルフェーヴルと同馬は3枚抜けた存在。
前走の着差は上がり3ハロンの差と割り切れば、人気ほどの差はなく展開と位置取り次第。
今回のオルフェーヴル池添騎手は、前走の圧勝から相当に自信を持ってレースに臨むはずで、位置取りも強引に撮りに行くようなことはしないであろう。
長丁場である事、及び前走から他馬と瞬発力の次元が違う事から、多少位置取りが後ろになっても良いと考えていよう。
一方の安藤騎手は、瞬発力勝負では分が悪いのだから絶対にオルフェーヴルよりも後ろには行かない。
直線に入る時にオルフェーブルよりも前にいることが出来れば、そこは3000mの長距離戦。
2頭の上がりが前走のような差がつくことはない。
もし、道中オルフェーヴルよりも位置取りが後ろであれば、二度と安藤騎手の馬に◎は打つまい。

○はオルフェーヴルでやむなし。

▲サダムパテック。
早くから菊花賞1本を明言していたところに好感が持てる。
同時にそれは距離は問題ないという証でもある。
セントライト記念は明らかにトライアル仕様で、今回は少なくともセントライト記念1、2着馬を逆転できると見る。
何より、皐月1番人気、ダービー2番人気馬が今回は気楽に乗れる6番人気。
西園師の「このままでは終われない」の言葉を信じる。

☆ダノンミル。
皐月賞◎馬をどうしても捨てきれず、☆評価とした。
やはり若葉Sを忘れられぬ。
前走は1頭だけ皐月賞からの休み明けで馬体重はプラス16kg。
それで正攻法3番手から直線抜け出しをはかるも一瞬でオルフェーヴルに置き去りにされての6着。
しかしそれでも勝ち馬からは1.2秒差であるから、叩いた今回は十分に狙えよう。
騎手は一昨年の菊花賞を20歳で勝った浜中騎手。
若葉S勝利時の騎手に戻り、勝負気配も漂う。

以降抑え△に、
1枠に入ったきさらぎ賞馬トーセンラー、
前走は逃げて上がり33.4、京都3勝、マイペースが見込めるサンビーム、
底を見せていないフレールジャック、
トライアル5着ショウナンマイティ
条件戦連勝のダノンマックインまで

買い目は

三連単フォーメーション
◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△△△△△ 42点×\100=\4200

さらに三連単フォーメーション
◎○→◎○→▲☆△△△△△ 14点×\200=\2800

馬単
◎→○ 1点×\1000

合計\8000とする


そして回収率回復を狙うワカワカさです。

~ワカワカの飲むなら寝るな~

いよいよ牡馬3歳クラシック最終章、菊花賞。
今年はオルフェーブルの3冠がかかる。
無敗の3冠馬ルドルフが亡くなり新たな3冠馬の誕生を予感させるが、
果たしてどうか。


今回はいつもとちょっと思考をかえて前哨戦に注目してみた。
菊花賞が今の時期に番組改編されてから11年、
前哨戦は
神戸新聞杯組が8勝
セントライト記念組が1勝
1000下組が2勝
となっている。
また3着以内も
神戸新聞杯組が21頭
セントライト記念組が5頭
1000下組が4頭
その他古馬重賞組が3頭

この結果からも断然神戸新聞杯組が馬券に絡むということを
念頭おいておこう。

それでは予想です。
◎オルフェーブル
前哨戦:神戸新聞杯1着
このメンバーでは抜けた存在、あとは3,000mという距離のみ。
この馬に決めて勝負で勝てる馬は見つからず、
負けるとしたら大逃げをうたれての逃げきりぐらいだろう。
何事も無ければスタートから3分後にはオルフェーブルが
先頭でゴールを駆け抜けているはずだ。
3冠の確率は高い。

○フレールジャック
前哨戦:神戸新聞杯3着
前走は距離不安からかなり抑えた競馬だったが、
長距離でも末脚が健在なことが証明できた。
今年のリーディングジョッキーにお任せ。
京都もプラスになりそう。
※ちなみに神戸新聞杯3着馬が過去11年で3勝している。

▲ウィンバリアシオン
前哨戦:神戸新聞杯2着
前走は4コーナー◎をみる絶好の形で運んだが完敗。
叩いた上積みはあるので◎より前で運べれば逆転はあるかも。

☆ベルシャザール
前哨戦:セントライト記念4着
前走4着も先行して粘ったの当馬のみ
大型馬だけに叩いた効果はかなりあるはず
今の京都は内がいいので、すんなり前がとれて
内々を回れるば勝負になるはず。

前哨戦:セントライト記念1着
△1フェイトフルオー

前哨戦:神戸新聞杯5着
△2ショウナンマイティ

前哨戦:神戸新聞杯6着
△3ダノンミル

買目は
3連単
◎-○▲☆-○▲☆△△△
15通り 各300円

◎-△3-○▲☆△1△2
5通り 各100円

○▲☆-◎-○▲☆△△△
15通り 各100円

¥6,500.- 勝負!!




本日、マー公さんは新聞に乗らず・・
はたして予想をするか?




23日12:00です。
食事をした後、マー公さんが新聞に乗りました。

みなさん、こんにちはですニャー

さて、予想の時間ですニャー。
今日はあまりのらないので、馬柱の遠くから
予想ですニャー
マー公菊花賞
と言うことで、マー公さんの選んだのは・・・

ベルシャザールですニャー。
ちと、自信がありませんニャー。

果たして、当たるのか?

単500円勝負ですニャー

コメント

非公開コメント

しまった!マー公君の予想に乗っかるのを忘れてしまいました。
結果はいかがでしたか?

まったく

全くダメでしたですニャー
乗らなくて正解ですニャー グスン。。。

しろりゅうせい

出身地:北海道釧路市
現住所:埼玉県の武蔵野線沿い
趣味:競馬、野球観戦、たまにゴルフ
   温泉は大好きです。

一口馬主愛馬応援します。
(友駿25年、キャロット7年)
ラーメンを中心としたおいしいもの。
野球はジャイアンツの応援。
その他、いろいろ書きます。

2013年度愛馬出走成績
80戦 1着6回・2着6回・3着6回
2014年度愛馬出走成績
90戦 1着3回・2着4回・3着5回
2015年度愛馬出走成績
84戦 1着7回・2着6回・3着4回
2016年度愛馬出走成績
73戦 1着3回・2着2回・3着8回
2017年愛馬成績
86戦 1着9回・2着4回・3着8回

2018年愛馬成績(7/21現在)
69戦 1着4回・2着7回・3着2回

1/6 ヴァンベールシチー  5着
1/7 パリンジェネシス   6着
1/7 スペリオルシチー   4着
1/8 プログレスシチー  11着
1/13 プリンシパルシチー 11着
1/14 コンクエストシチー   4着
1/14 エイムアンドエンド 10着
1/20 ブロンドキュート  5着
1/21 プログレスシチー  9着
1/21 パリンジェネシス  5着
1/26 モンテローザシチ-  1着
1/28 コンクエストシチー  13着
2/03 ハートランドシチー  15着
2/04 アンシャンテシチー   8着
2/04 スペリオルシチー   6着
2/11 エイムアンドエンド  3着
2/12 プレジールシチー  8着
2/13 ハイデンガールズ  8着
2/13 パリンジェネシス  8着
2/17 ブロンドキュート  8着
2/17 アンシャンテシチー  13着
2/18 ヴァンベールシチー  6着
2/24 ラッシュアタック   2着
3/03 ハイデンガールズ  4着
3/04 ハッピーメモリアル  7着
3/04 プレジールシチー  10着
3/04 コンクエストシチー  2着
3/17 コンクエストシチー  2着
3/17 スペリオルシチー  1着
3/25 ハッピーメモリアル  9着
3/25 ラッシュアタック   4着
3/29 モンテローザシチ-  6着
4/07 ハイデンガールズ 11着
4/07 ヴァリアスシチー 9着
4/08 ブロンドキュート  6着
4/08 コンクエストシチー  6着
4/15 パリンジェネシス  1着
4/20 モンテローザシチ-  7着
4/21 ハイデンガールズ 5着
4/28 ハートランドシチー  4着
5/06 ブロンドキュート  10着
5/08 モンテローザシチ-  2着
5/12 アンシャンテシチー  7着
5/19 ハイデンガールズ 10着
5/20 ヴァンベールシチー 10着
5/20 ハッピーメモリアル  13着
5/20 スペリオルシチー  7着
5/24 モンテローザシチ-  11着
5/26 ハートランドシチー  7着
5/27 パリンジェネシス  1着
6/02 ハートランドシチー  7着
6/02 コンクエストシチー  8着
6/16 ヴァリアスシチー 9着
6/17 ラッシュアタック  14着
6/23 アンシャンテシチー  4着
6/24 ハッピーメモリアル 14着
6/30 ラッシュアタック   7着
7/01 ハートランドシチー 14着
7/01 パリンジェネシス  2着
7/01 エイムアンドエンド 5着
7/01 ハイデンガールズ 4着
7/07 ニードルズアイ  2着
7/08 アンシャンテシチー 競争中止
7/10 モンテローザシチ-  11着
7/21 ニードルズアイ  4着
7/21 ブロンドキュート  3着
7/21 コンクエストシチー  14着
7/21 スペリオルシチー  2着
7/21 ハイデンガールズ 9着