しろ・ムラっち・ワカワカの究極予想~宝塚記念~

未分類
06 /25 2011
しろの予想を若干訂正します
それと前半戦最後ですので、まさおくんの「何の予想」コーナーと
しろ、ムラっち、ワカワカ、なおさんのWIN5でパフパフしようコーナー
を特別企画で追加しました。

みなさんの熱いあ予想をどうぞ!

それではしろの予想です。

年末の有馬記念に比べ、何となく盛り上がりに欠ける
夏のグランプリ、宝塚記念。
今年はいいメンバーが揃い盛り上がりそうだ。

宝塚記念の思い出レースは01年メイショウドトウが勝ったレース。
2着続きにピリオドを打ったレース。
その時代はテイエムオペラオーと言うスーパーホースが
いただけに、時代には薄くしか残っていないが、
すばらしい馬の1頭だったと思う。

さて、今年はスターが集結。
特に4歳勢の強さは、目を見張るものがある。

本命はエイシンフラッシュ。
そのレベルの高い4歳勢に名を連ねているが
昨年のJCからは思うような競馬ができず
スランプに陥っていた。

休養を挟んだここ2戦はダービーに近い出来になってきており
目標をここに定めた陣営を信じ◎とした。
ダービー馬の名に恥じぬレースを期待する。

○はルーラーシップ。
前走は致命的な出遅れで終わりとおもっていたが、
3角より捲るように上がっていき、最後はきっちり
差し込むレースは圧巻であった。
兄弟も結果を残しているが、母に最も近い走り方をするのは
この馬であろう。

◎○の2頭は甲乙つけがたい出来で▲はなし。

★はナムラクレセント
ゲートが合わなかった前走でも3着と充実一途。
もはや絶好調としか言いようがあるまい。

△1はハートビートソング
充実の4歳勢で昨年の春はそこそこの競馬をしていた。
ここ数戦は晩成型を思わせるような競馬で成長は一番。

【追加】
一頭忘れていたのが△2アーネストリー。
究極にい仕上げで陣営自信の一頭


以上5頭

人気のブエナは調教がいいときよりも良く見えず
前走も距離はマイルとはいえ、失礼ながらあの相手に
あの程度であれば消し。
時計は優秀であるが、レース全体の高レベルとは・・。

ドリジャニは終わった感があり、トゥザは調子の波が激しく・・
ローズは返し馬を見て、拾得を考える。

馬券は
馬単◎⇔○★△と○⇔★△の10点
馬単◎⇔○★△1△2と○⇔★△1△2の14点

三連単フォーメーション
◎○→◎○★→◎○★△の8点
◎○→◎○★→◎○★△1△2の12点

-------------------------------------------------
それではワカワカさんの予想です。

今年の前半戦を締めくくる最後のG1宝塚記念!

去年の覇者ナカヤマフェスタ、有馬記念を征したヴィクトワールピザが出走しないが、
ブエナヒスタをはじめ4歳馬の強豪達が揃い近年にない豪華メンバーが揃った。
この混戦をきっちり当てて前半戦を気分良く終わりたい。


本命は
◎.ブエナヒスタ
やはり本命は外せない、ファン投票第一位!
ヴィクトリアマイルではアパパネに苦杯を飲まされる形となったが
それはマイル適性の差で悲観する必要はない。
状態も前走より良くなっているし、
2000M以上の距離ならば牡馬相手でも現役最強の名は譲らない。

○.エイシンフラッシュ
調教での動きは素晴らしいの一言。
昨年のダービー以来勝ち星はないものの、前走、前々走は外枠から2、3着を確保と
復調の兆しが見えてきた。
特に前々走の大阪杯(2000M)では59Kを背負いながらもレコードタイムをマーク。
内枠を引けた今回は勝ち負けを期待できる。

▲.アーネストリー
佐々木調教師が生涯最高の出来!!と絶賛するほど状態がいい。
先行して押しきるタイプのこの馬にとって去年と同じ1枠2番もプラス材料だ。
今の状態ならば強力な4歳勢を抑えて去年の3着以上の成績が期待できる。

☆.ルーラーシップ
前走は大きく出遅れたものの最後はきっちり差しきっての圧巻V。
超良血が完全に目覚めた。
前走よりも相手はかなり強化されるが、このメンバーでも軽く一蹴する場面があっても驚けない。
プリンシバルS以来の横山騎手の手綱で初G1取りを目指す。

天皇賞3着
△1.ナムラクレセント
王国復権をかける
△2.ローズキングダム
09年の覇者
△3.ドリームジャーニー未知の4歳馬
△4.ハートビートソング

買目は
3連単
◎○-◎○▲☆-◎○▲☆△1△2△3△4
36通り

馬単
◎-△1△2△3△4
4通り

3連複
◎-○▲△1△2△3△4
15通り

55点勝負!!


-------------------------------------------------
それではムラっちさんの熱き予想です。

グランプリボスの英GIセントジェームズパレスS挑戦は残念な事に8着に終わった。
だが、既に数ある海外GIに参戦し、
ドバイWCを勝利するまでになった日本馬の中でグランプリボスの残した足跡は大きい。
今までの日本馬の海外参戦は、凱旋門賞、ブリーダーズC、ドバイWCと
3歳秋、あるいは古馬のレースがほとんどであった。
ベルモンドSに挑戦したカジノドライブの例はあるが、
同馬の場合は兄弟が2頭ベルモンドSに勝利していたという背景が大いに影響したと言えよう。
そこに純内国産馬グランプリボスの英3歳GI参戦である。
結果は8着に終わったが、グランプリボスの挑戦はメディアが取り上げる以上に意義のある事だと考える。
素軽いスピードが売りのサクラバクシンオー産駒のグランプリボスにはイギリスの深い芝は味方をしてくれないであろう。
それに加え、国内競馬以上の輸送時間も少なからず影響するであろう。
そんな不利を承知の上で英3歳GIにチャレンジしたということは、
日本馬にとって新たな道を切り開く第一歩になるのではなかろうか。
日本競馬の賞金は海外の諸レースと比べても高額であること、
またやはり多くの関係者が3歳クラシックを目標としていることから
ゲームの世界でしか味わえなかった英1000ギニー、2000ギニー、英ダービー、仏ダービーなどの
欧州ビッグタイトルへの挑戦にはまだ少々時間がかかるかもしれないが、
それでもグランプリボスの3歳春欧州GI挑戦はここ10年の競馬史において非常に高い評価に値するものであると考える。
小欄はグランプリボスの欧州GI挑戦を心から尊敬する。

さて宝塚記念。
今年はブエナビスタvs超強力4歳陣と言う図式となった。
確かに今年の4歳勢は強い。
ドバイWCを勝ったヴィクトワールピサを筆頭に天皇賞・春を制したヒルノダムール、2着のエイシンフラッシュに
ペルーサ、ローズキングダム、トゥザグローリー、ルーラーシップと名前を出すときりがない。

それでも、まともな状態のブエナビスタとやって勝てるかと言われれば、疑問符がつく。
問題はブエナビスタが昨秋の状態にあるかであろう。

前走の競馬のみでその判断を下すのは非常に難しいが、
決して得意ではないマイル戦とは言え、牝馬相手に遅れを取る内容は如何なものか。
牝馬相手であれば相手がアパパネであろうと誰であろうと勝ち切って欲しかった。
しかもそのアパパネは安田記念で牡馬相手に力負けであるから尚更ブエナビスタの状態は疑わしい。
前述した通り今年国内1戦のみで状態を見極めるのは非常に難しいが、
過度に人気を背負う事になるであろうことも含めてここは△評価が妥当と判断した。

◎エイシンフラッシュ
大阪杯3着、天皇賞2着と今年に入り惜敗続きだが、能力は間違いなく一級品で
ダービー馬の輝きが色褪せるものではない。
昨秋のスランプからも完全に立ち直った印象。
天皇賞では先行馬の乱ペースに惑わされることなく後方でじっと我慢し直線脚を伸ばしたように、
我慢がきけば末脚は確実。
問題は脚質と騎手乗り替わり。
阪神内回り2200mは乗り難しく追い込み一辺倒では届かない。
そこに来ての主戦内田騎手の負傷乗り替わりは相当痛い。
一時期は3番手評価としていたが、やはり同馬への想いを捨てきれずフラッシュと心中と決めた。

○ルーラーシップ
ダービー時の予想で「将来的に世代を統べる可能性を持った馬」と書いたが、
どうやら現実的に馬がその領域へ達したようである。
金鯱賞の強烈なパフォーマンスもさることながら、今年に入りとにかく馬が充実している印象。
鞍上も心強い。

▲トゥザグローリー
京都記念~日経賞が圧巻の内容。
京都記念は4コーナーで前が壁、横にも馬と完全にブロックされる形となりながら
直線で外に持ち出してから次元の違う伸び脚で快勝。
日経賞はスムーズに直線を向いてからはローズキングダム、ペルーサを置き去りで馬なりゴール。
共に同じ4歳世代を蹴散らしての連勝だけに評価大。
天皇賞は距離と先頭が何度も入れ替わる変則ペースに折り合いを欠いた結果で、
この距離であればこのメンバーに入っても間違いなく勝ち負け。
一時は◎まで考えたが、クラブHPの「正直絶好調ではない」のコメントで評価を下げた。

☆ローズキングダム
前走の大敗と今年に入ってからの成績で人気が急落しているが、
昨秋はJCで判定勝ちし、有馬に出ていてもブエナビスタと人気を分け合ったはず。
天皇賞は距離、日経新春杯はトップハンデに疝痛明け、日経賞は状態が本物ではなく
負けは全て説明できる。
人気を落とした今回、豪腕ウイリアムズ騎乗で見直せる。

以降△に冒頭で記載したブエナビスタと1枠の2頭。
実は天皇賞で一番強い競馬をしたのではないかと思うナムラクレセント。
陣営から絶好調宣言が出たアーネストリー。

買い目は
三連単フォーメーション
◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△△△ の30点

三連複フォーメーション
◎-○▲☆-○▲☆△△△ の12点

◎⇔○▲☆△△△ の12点

人生の先輩と全く同じ◎=○となったことも心強い限りである。

------------------------------------------------
それでは、まさおくんの「何の予想」のコーナーです。

◎ルーラシップ
○ブエナビスタ
▲トゥザグローリー
△アーネストリー

買い目は
◎の単勝

馬単
◎→○▲△の3点

三連単フォーメーション
◎→○▲→○▲△の4点

あと三連複BOXで
3-5-10-14

なんだかんだでブエナの56キロは魅力!!
三連複は自分の○○日馬券!

ハズレたらロックンロールに免じて許してちょ。

------------------------------------------------
そして最後にWIN5でパフパフしようコーナー

これは先ほどまで、しろ・ムラっち・ワカワカの3名で
酔っぱらいながら考えた明日のWIN5予想です。

当たったら3人で裸になる予定。
なんで裸かって?
そりゃ、あんた。。。。

ってことでこれが予想(購入済み)
WN5予想

コメント

非公開コメント

おひさしぶりです

しろさん、お久しぶりです。

今回はしろさんとは気が合わないみたいですね(笑)
でも最初はルーラー-エイシンの組み合わせは考えました。
お互い的中はなさそうですが、がんばりましょう!

あちゃ

マルガオオーさん、どうもです。

あちゃー、本当に気があってませんね(笑)
ブエナはいの一番で切っちゃいました。
でも、まともならブエナで決まっちゃうんですよね。
きたら、「恐れ入りました」と謝るしかなさそうです。

しろりゅうせい

出身地:北海道釧路市
現住所:埼玉県の武蔵野線沿い
趣味:競馬、野球観戦、たまにゴルフ
   温泉は大好きです。

一口馬主愛馬応援します。
(友駿24年、キャロット6年)
ラーメンを中心としたおいしいもの。
野球はジャイアンツの応援。
その他、いろいろ書きます。

2013年度愛馬出走成績
80戦 1着6回・2着6回・3着6回
2014年度愛馬出走成績
90戦 1着3回・2着4回・3着5回
2015年度愛馬出走成績
84戦 1着7回・2着6回・3着4回
2016年度愛馬出走成績
73戦 1着3回・2着2回・3着8回


2017年愛馬成績(10/09現在)
65戦 1着7回・2着4回・3着5回 

01/05 スペリオルシチー 9着
01/16 クレイトンシチー  2着
01/19 デステニィシチー 10着
01/21 グリシーヌシチー 5着
01/21 マイティーニー  3着
01/29 クレイトンシチー 11着
01/29 グリシーヌシチー 4着
02/11 ハイデンガールズ 5着
02/18 ラッシュアタック  13着
02/19 コンクエストシチー 10着
02/25 プログレスシチー 3着
02/25 ハイデンガールズ 1着
02/26 スペリオルシチー 7着
03/11 コンクエストシチー 3着
03/12 プログレスシチー 4着
03/20 ラディアントシチー 13着
03/25 マイティーニー  13着
03/26 コンクエストシチー 13着
03/30 シャンドランジュ 8着
04/01 パリンジェネシス 6着
04/02 プレジールシチ- 落馬
04/09 グリシーヌシチー 3着
04/09 ラッシュアタック 2着
04/16 コンクエストシチー 落馬
04/22 グリシーヌシチー 7着
04/22 スペリオルシチー 3着
04/27 シャンドランジュ 10着
04/29 ラッシュアタック 6着
04/30 コンクエストシチー 8着
05/07 ヴァンベールシチー 1着
05/14 コンクエストシチー 13着
05/20 シルヴァーナ 11着
05/21 プレジールシチ- 5着
05/27 ヴァンベールシチー 6着
06/11 クレイトンシチー 12着
06/17 プレジールシチ- 2着
06/17 ハイデンガールズ8着
06/24 シルヴァーナ 16着
06/25 コンクエストシチー 10着
07/01 パリンジェネシス 15着
07/02 ハイデンガールズ8着
07/09 クレイトンシチー 10着
07/15 ラッシュアタック 4着
07/16 ハイデンガールズ6着
07/30 スペリオルシチー 1着
07/30 プレジールシチ- 1着
07/30 グリシーヌシチー 8着
08/06 パリンジェネシス 1着
08/12 コンクエストシチー 5着
08/12 プログレスシチー 4着
08/19 スペリオルシチー 2着
08/27 プログレスシチー 8着
09/02 ハイデンガールズ5着
09/03 シルヴァーナ 11着
09/03 スペリオルシチー 1着
09/09 コンクエストシチー 4着
09/10 ラッシュアタック 1着
09/16 ハイデンガールズ13着
09/18 ヴァンベールシチー 10着
09/23 コンクエストシチー 6着
09/24 シルヴァーナ 16着
09/24 プログレスシチー 11着
09/25 クレイトンシチー 6着
09/31 ラッシュアタック 9着
10/08 ヴァンベールシチー 5着