しろの究極予想~2010ラスト・有馬記念グランプリ~

予想
12 /24 2010
今回は、「しろの究極予想」と「ムラっちの究極予想」を分けて
展開いたします。

まずは、「しろの究極予想」から・・・・



いよいよ今年度最終回!有馬記念です。

有馬記念の思い出と言えば、やはりオグリキャップです。
過酷なローテーションで「馬がつぶれるのではないか」と言うくらい
使われ、その結果が天皇賞6着。JC11着。
誰もが「オグリは終わった」と思われていた。
そして有馬は屈辱の4番人気。

私はオグリがデビューした87年の同じ年に本格的に競馬デビューをした。
言わばオグリとは同世代である。
89年JC、私は東京競馬場で観戦。
オグリはホーリックス2着であったが、2分22秒2の世界レコード更新に
「日本の競馬は世界に通用する」という確信とともに鳥肌が立ったものである。

そんな思いでと競馬の楽しさを教えてくれたオグリ。
過酷なロ―テーションで前述の通りの人気であったが、最後の思い出に
1万円の単勝をぶち込んだ。あくまでも思い出馬券である。

しかし、オグリは4コーナを廻っても下がらない。
私は、無意識に「オグリー!がんばれ」と叫んでいた。
ゴールに1番で飛び込んだのはオグリだった。

まわりりからは、「オグリだよ!」とか「オグリ~~」という声が聞こえる。
それが、17万の観衆の波長が一致し「オ・グ・リ・オ・グ・リ」の
オグリコールへ発展した。まるで地鳴りのように。

競馬であれだけ観衆が一つになったのは、今考えると凄い!
競馬の思い出の1ページとして、未だに私の心に残っている。

あれから20年の時が過ぎている。
しかし私の心から、あの思い出は一生消えることはないであろう。


さて、今年の有馬記念。
そんなオグリキャップのメモリアルに相応しいメンバーが揃った。
ブエナの奪還か、ジャーニー2年連続性はか、3歳勢の台頭か
いずれにせよ、ドラマが有るように思う。

そんな中でも特に今年の3歳勢は有力である。
残念ながらローズにが取消となってしまったが、それでも
勝ち負けできる馬が揃った。

父の念願!母の成しえなかった夢!
その馬が今回私の本命である。

その馬はルーラーシップ
負けたレースの毎日杯はザタイキの斜め前を走っており、加速する寸前に
それに驚き一瞬STOPしている。
直接のあおりは受けていないが影響は大であった。
続いて負けたダービー。
超スローペースの瞬発力勝負。
仕掛けどころが勝敗を分けたレース。
それでも、ゴールまでは一間歩づつ差を詰めていて、負けてなお強しの
競馬をしている。
驚いたの休養明けの鳴尾。
馬がガラリと一変!
それまでこじんまりとした走法が、伸びのある走法に変っていた。
私はここで次走は本命にしようと決めていた。
調教を確認したが、全く問題のない走りで、グランプリ制覇といきた。

父の念願!母の成しえなかった夢! をこの馬が叶える。

対抗はヴィクトワールピサ。
JCを本命にしたが、惜しくも3着!
この馬こそ皐月賞で見せたように、中山との相性がいいと見た。
凱旋門賞を遠征して、2戦負けてしまったが、全く力を出していない。
展開次第ではルーラシップとの逆転もあると思える。
中山競馬場得意のデムーロも魅力。

▲はブエナビスタ。
JCでは無念の降着。
降着があったとして、誰がみてもこの馬が一番強かったと思うのでは
ないだろうか?
あのレースを見て誰もが有馬は本命にするハズ。
ところが私は違う。
この馬、強いのは認めるが、中山であの競馬ができるか疑問。
昨年は2着にきたものの、今年のメンバーに比べるとレベルは下。
4コーナから大きく動きだす中山競馬場。
そしてすぐに難関の坂があり、パワーを必要とする。
私はこの馬が4コーナで先頭に踊り出るようであれば
勝てると思うが、どうしても頭の中ではそれが浮かばない。
恐らく、4コーナを廻った時は内々で包まれているであろう。
パワー型でないこの馬にはこのコースは難しいとみてここまで下げた。

☆はペルーサ。
出遅れ癖、これはなかなか治らない。
但し、今回は入念に練習を重ねており、これでポンと出れば
力は十分通用するとみている。

△はオウケンブルースリー、トーセンジョーダン。
オウケンは叩き3戦目で本領発揮。
トーセンはこの秋の上がり馬で力をつけている。


買い目は
三連単 フォーメーションで
◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△△


最後に
今回企画で「しろ・ムラっちの究極予想」と題して予想を展開してきました。
このコーナーを楽しみにしてくれた方、感謝いたします。
又、今回秋のGⅠシリーズで凄い予想を展開してくれたムラっちさん
楽しませてくれてありがとうございます。
ここで当たらなければ、全敗となりますが、春にはまたやりたいと思います。
本当にありがとうございました。


コメント

非公開コメント

しろりゅうせい

出身地:北海道釧路市
現住所:埼玉県の武蔵野線沿い
趣味:競馬、野球観戦、たまにゴルフ
   温泉は大好きです。

一口馬主愛馬応援します。
(友駿25年、キャロット7年)
ラーメンを中心としたおいしいもの。
野球はジャイアンツの応援。
その他、いろいろ書きます。

2013年度愛馬出走成績
80戦 1着6回・2着6回・3着6回
2014年度愛馬出走成績
90戦 1着3回・2着4回・3着5回
2015年度愛馬出走成績
84戦 1着7回・2着6回・3着4回
2016年度愛馬出走成績
73戦 1着3回・2着2回・3着8回
2017年愛馬成績
86戦 1着9回・2着4回・3着8回

2018年愛馬成績(2/17現在)
21戦 1着1回・2着0回・3着1回

1/6 ヴァンベールシチー  5着
1/7 パリンジェネシス   6着
1/7 スペリオルシチー   4着
1/8 プログレスシチー  11着
1/13 プリンシパルシチー 11着
1/14 コンクエストシチー   4着
1/14 エイムアンドエンド 10着
1/20 ブロンドキュート  5着
1/21 プログレスシチー  9着
1/21 パリンジェネシス  5着
1/26 モンテローザシチ-  1着
1/28 コンクエストシチー  13着
2/03 ハートランドシチー  15着
2/04 アンシャンテシチー   8着
2/04 スペリオルシチー   6着
2/11 エイムアンドエンド  3着
2/12 プレジールシチー  8着
2/13 ハイデンガールズ  8着
2/13 パリンジェネシス  8着
2/17 ブロンドキュート  8着
2/17 アンシャンテシチー  13着