ふたたび

未分類
10 /31 2012
今週はアルセーヌが福島で出走予定。

来週はディオネーが福島で出走予定。

どちらか福島競馬場へ行こうと思っていましたが、

やはりまだ見ぬ愛馬を一度は見たく

来週福島に行くことにしました。

先行のディオネーには直線短い福島は合うでしょうから

期待が持てそうです。

今週の出走予定馬と先週の予想結果

未分類
10 /29 2012
今週は福島日曜日メインにアルセーヌシチー
京都日曜日新馬にディスティニーシチーが出走予定です。

前回も記した通り、アルセーヌはここにきて本格化した感じで
休み明けの前走より、更に素軽くなっているようで
とても楽しみです。
個人的にも1000万は通用すると思っています。

ディスティニーは新馬ですが、ここを勝ってクラッシック戦線
に乗ってほしいところですが、そうは甘くはないでしょう。
入着あれば良しではないでしょうか?

さて、先週の予想結果です。

まずは、回収率から
天皇賞(回収)
びっくりするほどへたくそ馬券です。
どうにかしないといけませんな。

そして点数勝負!
天皇賞(点数)
意外に点数も伸びません。

いいところはついているのですが、今一つ何かが足りないようです。

トホホ

予想!勝手にしやがれ(天皇賞)

予想
10 /28 2012
さて、それではようやく回復傾向のしろの予想です。
~しろの、当てるのか!おい~

今回は横一戦で予想が難しいです。

クビをぐっと下げ、小気味良いフットワークの調教!
そして何より今年のこの世代は幅広く強い馬がおり
古馬相手で十分通用すると思われ◎カレンブラックヒル。
無敗の天皇賞馬誕生になるか?

○はフェノーメノ
セントライトはさすがと思わせるような勝ち方。
2着馬は菊花賞2着で、菊に勝ち馬と比較しても遜色ない
勝ち方であった。
狙いを早くから天皇賞に絞ったのも好感が持てる。

▲はルーラーシップ
香港ではあっさり抜け出し待望のGⅠ勝利!
前回の宝塚も、オルフェがいなければ意外な程
余裕の勝利であったであろう。

★はトランスワープ
夏最大の上がり馬、数年前のオフサイドトラップに
似ており、夏の勢いをそのまま持ってこれるハズ。

△1はダークシャドウ
叩き2戦目で!

△2はフェデラリスト
復調すれば。

馬券は
◎○▲→◎○▲★→◎○▲★△1△2 の三連単フォーメーション
36点勝負!




仕事が忙しそうなムラっちさんの予想です。
~続々・漫券至上主義~

7年ぶりの天覧競馬。
前回の天覧競馬は、勝利騎手 松永幹夫のヘルメットを取っての最敬礼が強い印象を与えたが、
今年はどんなドラマが生まれるか。

図式は、「3歳」VS「古馬」。

JRAがカレンブラックヒルに期待する向きは相当にある。
競馬界は年々人気低迷に喘ぎ、併せて当然のことながら売上が落ちている状況。
かつてのハイセイコーやオグリキャップのようなスターを求めているのだ。
そこに5戦無敗のカレンブラックヒルの登場。
勝てば無敗3歳馬初の天皇賞勝利となれば、先々も含めて夢も広がるし売上も伸びよう。

その可憐な少年は確かに強い。
でなければ、休み明け、初古馬相手の伝統のGⅡ毎日王冠での完勝は有り得まい。

しかし今回はGIで抜けた一番人気が確実な状況。
かつ、東京戦含めて上がり34秒を切った事がない、いわゆる「切れない脚」で古馬相手の天皇賞を勝ちきれるか。

また外枠も運がない。
東京2000mの外枠は言わずと知れた鬼門の枠。
2003年にシンボリクリスエスが大外18番枠で勝っている以外は、
この10年間で1頭しか複勝圏に入っていない(2002年サンライズペガサスの3着のみ)

外枠から出脚を使い、直線一旦先頭に立つも切れ味の差で差し切られるシーンが濃厚と見て◇評価とする。

☆トーセンジョーダンは昨年の優勝馬。
春もそこそこ走っているわりに不思議な事に今回は全く人気にならない。
しかし、芝2000mはメンバー最多タイの6勝を挙げており、東京コースは3勝2着2回の舞台。
これで前日最終7番人気は異常と言えよう。
無論普通に考えれば休み明けはマイナス材料ではあるが、GI馬に限っては時にこの限りではない。

▲ダークシャドウは昨年の2着馬。
東京コースはその昨年の天皇賞2着を含め5勝2着1回。
更に芝2000mは3勝2着3回と数字的にはパーフェクト。
陣営コメントは「2着した昨年以上の状態」と来れば重い印を打たないわけに行かぬ。
但し、調教後馬体重が前走比+24kgと少々重い。
長距離輸送のない今回は大幅な馬体重減は見込めないことを考慮し、▲まで評価を下げた。

○ルーラーシップの名前の由来は「支配者の位、統治者の支配権」
まさに天覧競馬に相応しい馬と言えよう。
宝塚記念ではオルフェーヴルに屈したとは言え、少なくとも国内でオルフェ以外に遅れを取る事が許されない馬。
オルフェ不在の天皇賞はルーラーにとって国内GI制覇の最大のチャンスであろう。
姉アドマイヤグルーヴの急逝も何か運命的なものを感じるところ。
古馬の総大将として堂々と3歳馬を迎え撃ってほしい。

◎は3歳馬フェノーメノに献上する。
もとより東京は「鬼」の強さ。
2着に敗れたダービーとて、馬場が馬場ならゆうに差し切ったレース。
蛯名騎手の悔し涙も頷ける。
ディープブリランテの突然の引退によりそのダービー2着のリベンジを果たす機会は永遠に失われてしまったが、
天皇賞制覇が引退するダービー馬への手向けとなろう。
休養明け初戦のセントライト記念では苦手の中山を克服し完勝。
菊花賞に行っても勝負になったところを敢えて古馬相手の天皇賞を選択した。
加えて枠も東京2000のプラチナゲートを引き当てた。
カレンよりも切れて、ルーラー、ダークよりも斤量が軽く勢いがある。
あとはGIを勝つ星を持っているかどうかだけ。

フェノーメノが連に絡まないようであれば、小欄の目は節穴と言う事になろう。

◎フェノーメノ
○ルーラーシップ
▲ダークシャドウ
☆トーセンジョーダン
△1サダムパテック
△2ジャスタウェイ
◇カレンブラックヒル

三連単
◎→○▲☆→○▲☆△△◇ 15点
○▲→◎→○▲☆△△◇ 10点



挽回なるか、ワカワカさんの予想です。
~復活!飲むなら寝るな~

◎ルーラーシップ
○ダークシャドウ
▲トーセンジョーダン
☆フェノーメノ
△1トランスワープ
△2ナカヤマナイト
□カレンブラックヒル

買い目
3連単
◎○-◎○▲☆△1-◎○▲☆△1△2□
40通り

先週の予想結果と今週の愛馬出走

未分類
10 /25 2012
まずは先週の予想結果です。

まずは回収率から・・
菊回収
ムラっちさんが惜しかったのですが全員はハズレです。

そして点数勝負!
菊点数
ムラっちさんが盛り返してきました。

ワカワカさんとの差はわずか9点。

逆転があるかもしれません。


さて今週の愛馬出走は

土曜新潟でスピカシチーです。

いつも、緩い調教の馬が今回はビシッとやっています。

優勝とまではいきませんが、着を上げることは可能でしょう。

本日休暇ですが・・

未分類
10 /22 2012
先週はグレイスヒーローが出走し4着。
エスペランサシチーが9着でした。

グレイスヒーローは面子が弱くなっていますが
着順が変わらないところを見ると、全く成長はしていません。
勝つまでは少々時間がかかりそうです。

エスペランサシチーも同じでこのメンバーなら
掲示板はあってもいいような気がしますが、、、
何かきっかけを掴みたいところです。

さて、私は本日、お尻の病院に行く予定でしたが
昨日、巨人ー中日観戦中に、喉が痛く寒気がして
家に帰ってみると39度の猛熱でダウン。

本日も38度近くあり、違う病院に行って
注射を1本注入してきました。

明日は回復にむかうでしょう。

予想結果~菊花賞~

予想
10 /21 2012
本日はJRAVANで当たった東京競馬場の招待席(S指定)へ
行きますので、菊花賞は東京競馬場で観戦予定です。

そのあとは、昨日で終わるだろうと思われたクライマックス
セリーグ第五戦を観戦予定。
慌ただしい1日となりそうです

では予想です。
~しろの、当てるのか!おい~

春活躍した馬が回避で、勢力図的に1強になった菊花賞。
私は穴党なので、その1強につけ入る隙のある馬を探したが
残念ながら見つからなかった。
仮にもダービーでは本命に推した馬を、このメンバーで
印を落とすこともできず◎はゴールドシップを不動の本命としたい。
神戸新聞杯でみせたパフォーマンスは強烈なインパクトがあり
展開のあやがなければ9割方勝てると見た。

○はコスモオオゾラ
皐月・ダービーでもそこそこの競馬をした馬。
残念ながら苦労人、柴田大知は乗れないが、岩田の馬に負担を
かける騎乗(追い)で何とかしてほしい。
*但し、岩田が乗るのはこれ一回でお願いします。(笑)

▲はマウントシャスタ
距離は心配する声が大きいが、宝塚であのパーフォーマンスで
あれば、なんら心配することはない。
調教も抜群を示す動きで問題なし。

★はラニカイツヨシ
前走るは行き脚付かず最後方からの競馬。
この枠であれば、中段につけることは可能だし
淡々と流れる、淀の3000はこの馬にとってプラスとなる。

△1は力つけたフェデラルホール

△2は前走中身も濃い競馬をしたスカイディグニティ

◇に未知の魅力ダノンジェラート

買い目は
三連単フォーメーション
◎→○▲☆△1→○▲☆△1△2◇ 20点
馬単BOX
○▲☆△1 12点 合計32点勝負!



それでは仕事が忙しい?ムラっちさんの予想です。
~続々・漫券至上主義~

菊花賞の予想には毎年力が入る。
今の番組編成上、おおよそ出走馬全てが経験した事のない3000mの距離に対しての
各馬の距離適正、あるいは最後の1冠に賭ける想いが予想者にとって蠱惑的なのだろう。

今年も魅力的なサラブレットが揃った。

圧倒的人気のゴールドシップは2冠達成なるか。
7頭出走するディープインパクト産駒はどうか。

いずれにしても最後のクラシックに相応しい好レースを期待したい。
今回は評価下から記載する。

フェデラルホールは当初◎まで検討した逸材。
確かに前走の中山は目立たないが強かった。
2頭しかいないステイゴールド産駒が1枠に揃った事も運命的と言える。
母父ドクターデヴィアスは欧州系の重厚な血統で長い距離は得意な印象。
しかし初京都、初重賞、初GIを考えると少し人気になりすぎた。
スリーロールスもデルタブルースも実は春に重賞に出走していることを考えると今回は少々評価を下げるべきか。
◇評価とした。

少々悩んだのがラニカイツヨシ。
父タヤスツヨシは95年のダービー馬であるが、残念ながら今まで孝行息子に恵まれていない。
その父は2008年に放牧中の事故で亡くなっているので今年の3歳世代が最後の産駒世代となる。
そしてサンデーサイレンス産駒初のダービー馬となったのはこの馬である。
マイナーながら実は人気がある種牡馬で最後の年も79頭に種付けしたほど。
やっぱり小欄は浪漫馬券であるから、この馬には感情的に印を打ちたい。
セントライト記念も決して悪い内容ではない。
プラス10kgの馬体重ながら道中最後方から直線で5着まで追い上げた。
◇評価とした。

マウントシャスタは春NHKマイルCに出走後に宝塚記念で古馬相手に好走した。
秋初戦の神戸新聞杯では馬体重プラス18kgで3着。
マイルCは失格となったが伸びきれず6着入線、その後白百合S快勝後に宝塚記念5着であるから
結果的にマイルは短く中距離の方が向いていると見ていい。馬体も成長している。
しかし、3000mの長距離はどうか。
今までの予想でも書いている通り基本ディープインパクト産駒はスピードに勝った素軽いタイプが多い。
また3歳時に宝塚記念を使う事は、秋以降の競馬に少なくとも良い影響を与えない。
前走の内容、馬体成長も加味し無印にはしないが△が妥当と判断する。

エタンダールは前走セントライト記念で明らかなトライアル仕様で4着。
ダービーも僅差と言える着差で現3歳の1戦級である事は確か。
叩いての上積みも見込める今回は馬券圏内に入ってきても不思議ではない。
△評価とした。

☆ミルドリーム。
現時点で17番人気だが、京都はエタンダール以下を完封した梅花賞で勝っている通り好相性。
坂のあるコースでダメなのは、08年3着のナムラクレセントも同様だった。
前々走から乗る江田騎手も言わすと知れた穴騎手、それでいて厩舎はやり手の角井厩舎。
その江田が前走で「フェラーリの乗り味」と言った隠れた逸材。
馬格がないのでスピード勝負には向かないが、その分3000mの菊花賞には向くと見た。

▲ユウキソルジャー。
京都は2戦2勝の舞台。
函館で2600mを勝っているように長い距離も苦にしないスタミナの持ち主。
父はこれまたマイナー種牡馬のトーセンダンス。
だが、血統面からはダンスインザダークやエアダブリンの全兄弟が父なのだから及第点を与えられよう。
ラニカイツヨシもそうだが、こういったマイナー種牡馬の産駒が菊花賞では3着くらいに来るイメージがある。
レース振りも良い。
5月の京都で2400mを好位差しで勝ち、一戦おいて函館の2600mをやはり好位差しで勝利。
神戸新聞杯も前崩れの流れの中で先行して唯一4着に粘ったのだから評価出来る。
秋山騎手も今年はカレンブラックヒルでGIを勝ち、この馬で来週の天皇賞に景気をつける。

○ベールドインパクト。
前走神戸新聞杯は10着と沈んだが元々皐月もダービーも皆勤の実力馬。
両レースとも1秒以内の着差。
ちなみに今回両レースとも出走している馬はわずかに4頭、本馬の他にゴールドシップ、コスモオオゾラ、トリップしかいない。
京都は京都新聞杯2着があるように問題ない。
何より、公表は出来ないが菊花賞激走パターンにピタリと当てはまった。
四位騎手、大久保龍厩舎といえばアサクサキングスで菊花賞を勝ったコンビであり、
距離も全く不安なしとのこと。
ちなみに今回前述したとおりステイゴールド産駒が1枠に2頭、そして母父ドクターデヴィアスがその隣に2頭並んだ。
怪しい事この上なく、激走パターン当てはまりも含め○に抜擢した。

◎ゴールドシップ。
言わずと知れた皐月賞馬。
騎手、コース、距離、馬場、状態、前走評価、関係者コメント、全て含めて◎はこの馬以外に打てまい。
小欄予想、春オルフェーブルでやらかしているが今回のゴールドシップが負けるようなら諦めがつくというもの。
調教最悪だった前走神戸新聞杯が圧勝で、今回は前回とは比べ物にならない出来との陣営コメントにしびれた。
1着固定で行く。

◎ゴールドシップ
○ベールドインパクト
▲ユウキソルジャー
☆ミルドリーム
△1エタンダール
△2マウントシャスタ
◇フェデラルホール
◇ラニカイツヨシ

三連単フォーメーション
◎→○▲☆△1→○▲☆△1△2◇◇ 24点

ワイド
☆→○▲△1△2◇◇ 6点

計30点


それでは前回惜しかったワカワカさんの予想です。
~復活!飲むなら寝るな~

◎ロードアクレイム
○ベールドインパクト
▲ゴールドシップ
☆エタンダール
△フェデラルホール
△コスモオオゾラ


買い目
3連単
◎○▲-◎○▲☆-◎○▲☆△△
36通り
3連複
◎-○▲☆△△
10通り

応援にいけませんが・・

未分類
10 /19 2012
明日はグレイスヒーローの応援に東京競馬場に
ムラっちさんと行こうと思ったもですが、我がチームりゅうせいの
仲人がお亡くなりになり、そちらに出席するためやめることにしました。

そのためテレビ観戦となりますが、3週連続の勝利を
目指して頑張ってほしいです。

尚、GⅠ予想は日曜日の朝更新します。

今週の確定馬と予想屋マー公の誕生日

未分類
10 /18 2012
今週は

土曜東京3レースでグレイスヒローが出走
土曜新潟5レースでエスペランサシチーが出走します。

両馬ともにそこそこはやってくれると思います。


さて、タイトルに書いたように
我が愛ネコの「予想屋マー公」が本日誕生日を迎えました。
今年で17歳、人間でいえば90歳くらいです。

最近、予想は展開していませんが、元気満々ですので
近いうちに、また予想をしてくれるかもしれません。

こんな感じで・・
マー公マイル

誕生日祝いに大好きな刺身の登場です。
ma.jpg

見た瞬間に雄叫びです
__.jpg

先週の愛馬結果・今週予定馬・その他

未分類
10 /16 2012
先週は新潟でディオネーが2歳未勝利に出走。

結果は3着でした。

休み明けの3着、次は叩き2戦目で良化を期待します。

中1週で出走するかもしれません。

東京でアルセーヌシチーが500万に出走。

見事優勝しました。

状態はかなり良かったようで、個人的には1000万でも

通用すると思います。

この馬は歳をとる毎に強くなってきていますので

まだまだ現役でがんばってほしいです。


さて、今週は東京でグレースヒーローが出走予定。

チームりゅうせい厩舎3連勝なるか!

前走は5着。

今回はあのウチパクが東京の1600mでも大丈夫であろうと

進言しての出走。

もちろんヤネはウチパクです。

楽しみだらけです。


あと先程、友駿馬を1頭ポチりました。

即決です。

父、アドマイヤコジーン
母、ツーソックス
母の父、ファルブラヴ

ドリームコースの馬で真っ白の馬体が気に入りました。

個人的にはこのような血統は大好きです。

キャロの馬はディープやダイワメジャー、ゼンノロブロイ等

そんなのばかりで、そこそこの値段がするし

低額希望の私にはあまり魅力が感じられないんですよねぇ。

せっかく90頭もだすのなら、いろいろ種牡馬を取り入れて

ほしいと思います。

予想結果~秋華賞~

予想
10 /14 2012
さて、予想結果です。

ワカワカさんは◎→○までは正解でしたが、3着が的中せず。

ムラっちさんは◎が不発でダメ。

しろりゅうせいは2番手にヴィルシーナを置いておけば的中でしたが
結果的にハズレとなりました。

今回は的中者はいませんでした。

秋華賞回収


点数勝負は穴を狙ったしろりゅうせいが、適度な着順に穴馬は
入線してくれたおかげで、少し抜け出しました。

まぁ始まったばかりですから、これから逆転がありでしょう。
秋華賞点数

次は菊花賞!。

当てたいレースですので、3者の予想がんばります。

予想!勝手にしやがれ(秋華賞)

予想
10 /14 2012
愛馬が先週、今週と勝って気持ちが乗ってるしろりゅうせい
の予想です。
~しろの、当てるのか!おい~

今年の3歳牝馬はレベルが高い。
特にこの夏に力を付けている馬が多く、決して春の勢力図の
ままではないのは間違いないであろう。

調教抜群のジェントルドンナ脅かす馬がいるのか?
そこに注目したい。

前々走はまくるように上がって行き、それでいて上がり33,3
前走はハイペースで仕掛けが遅く勝ちきれなかったが
それでも上がり34,3!
調教も抜群の動きを示したアロマティコが本命。
佐々木厩舎ー佐藤哲騎手の黄金コンビが最後の1冠を仕留める。

○はハワイアンウインド
小倉のレコードタイムは充分このクラスでも通用。
前走もとても届かない位置を差し切る等、充実一途。

▲はジェントルドンナ
調教はこの中でも超抜群で、死角らしい死角はなさそう。
ただ、この馬はペースに左右される場合があり、スロー寄りの
平均ペースになりそうな今回は印を下げた。
(スローになった場合は危険。)
3冠誕生なるか!注目した。

★はブリッジクライム
夏の上がり馬で、中山で生で見たがなかなかいい馬体をしている。
夏の上がり馬であるが、古馬とも互角の勝負をしており
展開次第とみる。

△1は復活気配のトーセンベニザクラ

△2は逆転なるかヴィルシーナ

馬券は
◎○▲→◎○▲★→◎○▲★△1△2 の三連単フォーメーション
36点勝負!



それでは先週プラス決算で調子がいいムラっちさんです。
~続々・漫券至上主義~

秋華賞の馬券の肝は何と言っても二冠馬ジェンティルドンナの取捨。
小欄としても春GIでお世話になった二冠馬に恩義も感じるし、応援したい気持ちも大いにある。
ましてや三冠がかかる今回は浪漫馬券として見過ごすわけには行くまい。

だがしかし、本当に三冠馬誕生だけが浪漫なのか?

かつて多数の二冠馬が三冠を阻まれ、そしてそこにも浪漫はあった。
古くは稀代の逃げ馬ミホノブルボンを完封したライスシャワー。
最近でも女傑ブエナビスタを相手に堂々と勝ち切ったレッドディザイアなど。

ちなみに中央競馬の春二冠達成馬は、牡馬22頭、牝馬6頭
(牝馬はエリザベス女王杯がGI級となった84年以降)
その内で三冠馬は、牡馬7頭、牝馬3頭。
その達成率は牡牝合わせて50%以下となる。

牝馬の二冠馬で三冠達成が叶わなかった馬は、
1987年 マックスビューティ
1993年 ベガ
2009年 ブエナビスタ
実にそうそうたる顔ぶれが三冠の頂に達する事が出来なかったことになる。

そして今回のジェンティルドンナ。
オークスの圧勝劇は三冠馬誕生を十分に予感させるもの。正直なところ普通に考えればまず堅い。
しかし阪神の桜花賞と東京のオークスでのパフォーマンスには大きな差があったことも否めない。
共に2着が「オークス狙い」だったヴィルシーナなのだから、本来はオークスの方がいい勝負になるというもの。
そのオークスが5馬身差となれば、実は稀代の東京巧者という可能性も否めない。

無論、重箱の隅をつつくとしたら、である。
しかし、では今回5馬身差で勝つかと問われれば、「少なくとも5馬身差はない」と答える。
秋華賞の歴史で最大着差は2002年ファインモーションの3馬身半。
そもそも着差がつくコースではないのだ。それだけ接戦になりやすいとも言えよう。
中央競馬一トリッキーで乗り難しい京都2000mコースが黙って三冠馬誕生を見守るとはどうしても思えぬ。

今回ダントツ一番人気が確実な「春の恋人」には馬券的妙味も塵ほどもなかろう。
また春の大失態を鑑みるに、やはり競馬は一番人気を買い続けても勝てないギャンブル。
ここは「三冠阻止」の浪漫に賭ける。

◎アイムユアーズ
オークス以来の札幌クイーンSでプラス22kg。
少し緩めとのコメントながら古馬相手の重賞を完勝。
オークスでの0.9秒差は決定的とも見れるが、成長度での逆転を期待する。

○ジェンティルドンナ
やはり春の実績、秋初戦を見ても抜けた存在である事は間違いない。
今回はおそらく前走ほど前々につける競馬はしないはずで、桜花賞の位置取りに近いところからの競馬となろう。
負けるとしたら先行した◎を差し切れない昨年のホエールキャプチャのような展開か、
もしくはチューリップ賞のような切れ味勝負で一瞬にして抜かれるパターン。

▲ハワイアンウインド
近2走が秀逸な内容。
前々走の小倉2000mでは終始内で我慢して直線伸びてレコード勝ち。
前走の阪神1800mでは1.45.7のタイムもさることながら、
直線入り口で完全に前が壁になったところから馬の間を力強く伸びて差し切り勝ち。
鞍上ピンナも何か予感させるものがある。
5/20の4戦目から7/15の5戦目(結果的は4着)の間でプラス24kg。
明らかにここで馬が変わった印象。
新興勢力の中ではこの馬が一番。

☆ミッドサマーフェア
オークスでは一番人気を裏切る形となったがレース中の故障が大きな原因。
フローラSの競馬が出来ればここでも十分に通用する。

△1ダイワズーム
△2アイスフォーリス
◇ヴィルシーナ
◇ハナズゴール

三連単軸2頭マルチ
◎→○→▲☆△1△2◇◇ 36点



それでは最近音沙汰のない、ワカワカさんの
~復活!飲むなら寝るな~

ワカワカさんの予想は印だけとなります。

◎ジェンティルドンナ
○ヴィルシーナ
▲ハワイアンウイド
☆アイムユアーズ
△ラスヴェンチュラス
△サンシャイン


買い目
3連単
◎-○▲☆-○▲☆△△
12通り
○-◎-▲☆△△
4通り

速報!アルセーヌシチー優勝

未分類
10 /13 2012
我が愛馬、アルセーヌシチーがやってくれました。

東京5R 500万下のレースで見事優勝!

チームりゅうせい厩舎、エスポに続き2週連続の勝利。

これはうれしい。

写真を撮ってきまhしたのでアップします。

IMGP5784.jpg
3,3,2,2着と登り調子だったアルセーヌ。
10ヵ月振りの競馬です。

IMGP5800.jpg
前よりおとなしくなったような気がします。

IMGP5803.jpg
やはりこの馬にはブッシー(武士沢騎手)ですね。

IMGP5853.jpg

なんと、予想外の1着。
これはうれしい誤算です。

アルセーヌ&ブッシーありがとう!


*明日のG1予想は後ほど公開します。

今週の出走馬と前回の予想結果

予想
10 /11 2012
今週の愛馬出走は

土曜日
新潟2R ディオネー
東京5R アルセーヌシチー

の2頭が出走。

ディオネーは前走が3着。
中間一頓挫ありましたが、優勝目指してがんばってくれるでしょう。

アルセーヌhが10ヵ月振りの競馬です。
3,3,2,2着と来ていますが、長期休養明けでどこまで勝負できるか?

いずれにせよ、楽しみであります。

さて、大変おそくなりましたがスプリンターSの結果です。

ワカワカさんが、見事に的中!
回収率を439%と伸ばしています

スプ回収


そして点数勝負

各予想に人気、着順等を掛けたものです。
コンスタントに穴が入着した、しろりゅうせいが何とか抜けました。
スプ点数

前回優勝のムラっちさんが振るわない結果となりましたが
勝負はは始まったばかりです。

さて、今週は秋華賞!

懲りずに今週も予想をやります。ご期待ください。

南部杯観戦記Ⅱ

未分類
10 /09 2012
みなさまどうも!しろりゅうせいで~す。

テンション高く登場です。
昨日は久振りの愛馬優勝!そりゃアゲアゲになっちゃいますね。

さて、それでは10月8日の盛岡競馬場、南部杯の観戦レポートといきます。

まずタイトルのⅡとしたのは3年前にも観戦記をのせたことがあるからです。
アメリカBCクラッシックの前哨戦として出場したレースでしたが、その時は
残念ながら2着でした。

そうそう「忘れ物を取りに来た」意義のあるレースが今年の南部杯です。

盛岡には11:30くらいに到着し、駅からでる無料バスに乗り込み
30分くらいで競馬場です。

市街地から少し離れた場所にあり、どちらかというと山の上にある
感じの場所です。

まずは、入場門をくぐると写真のような光景が広がります。
南部1

盛岡競馬場はとてもきれいな競馬場で、また来たくなります。

私は今回で3回目。

全てエスポの応援で来ています。

南部2

光輝く馬の像です。

この時に「今日はいけるかもと」という予感がしました。(本当かな)

南部3

スタンドもとてもきれいです。

南部4

ゴール付近です。

ここをどの馬が1番で通過するのか?

南部5

4コーナを見渡します。

形態は東京によく似ています。

1600mのコーナは2つだけです。

盛岡は向正面の直線が長いです。

そして、ダートが外、地方競馬には珍しく芝コースが内側にあります。

もちろん芝のレースもありますよ!

南部6

スタンド2階から見渡せる山々です。岩手山かな?

南部7

今度こそ、これをエスポのクビにかけてあげたいです。

このあと昼食を取ったのですが、3年前に混雑しすぎて

まともに食事ができなかったことを思い出し、あらかじめ

駅でカツ弁当を購入していましたので、それを食べました。

盛岡競馬場と言えば「ジャンボ焼き鳥」なのですが

さすがに並んで時間がかかりそうでしたので、諦めました。


さて、数レースを消化しいよいよ南部杯パドックです。

南部8

エスポくん登場です。

元気そうで何よりです。

南部9

待機所のエスポくんです。

いい体ですね。

南部10

今回は、ほどよく気合いが入っています。

南部11

パドック周回中!

南部12

待機所での佐藤哲騎手。今回もお願いしますよ。

このあと、いつものように騎乗合図でパドックを周回せず

コースを出て行きました。

そうそう、口取りの集合場所で、友駿の方が
「脚元の熱はもう大丈夫、みなさん心配したかもしれませんが
前回のレースで、若い馬と合わたことにより、逆に闘争心に火が
ついていい状態です・・by哲ちゃん」とお話されていました。

うむ、これはかなりいい状態です。


さてさてレースです。

スタートでナムラタイタンが落馬のアクシデント。
それ以外は順調に進み4コーナーを廻ったところで直線で先頭に立ちます。

私の叫びが入ります。
「はなせー、そのまま、そのままぁー」
これはセフティリードとわかると、いつも余裕がないのですが
せめてゴール前に写真だけでもと思い写しました。

南部13

丁度ガッツポーズをしているところを写せましたね。

そして口取り写真。

南部14

南部15

残念ですが、うしろからしか撮影できません。

南部16

こんな、うしろからの口取り写真もたまにはいいでしょう。

南部17

そしてインタビューです。

南部18

磯山さやかさんも来ていました。

川崎競馬JBCの宣伝もしていましたね。

実は少しタイプ・・・です。肖像権もあるのであとでボカすかも。


さて私の祝勝会はというと・・・


やっぱり盛岡といえば・・冷麺。

駅前の有名店、「ぴょんぴょん舎」でお祝いです。

前回2着のときは、冷麺のみ食べて帰りましたが

今回は焼肉付でいただきました。てへっ


南部20

これがうまい!
南部21

実は盛岡の夜はとても寒く、もうひとつの名物ジャージャーメンに
すれば良かったかと・・・


いつも日帰りでいく盛岡。
来年は泊まりで温泉にでも浸かりつつ来たいです。 (完)

(祝)愛馬エスポワールシチー南部杯制覇!

エスポワールシチー(種牡馬)・・功労馬
10 /09 2012
愛馬エスポワールシチー南部杯優勝!

本日、盛岡競馬場に応援に行ってきました。

取り急ぎ報告します。

以前、盛岡競馬場の観戦記を書きましたが

また、写真を撮ってきましたので観戦報告します。

尚、スプリンターSの結果報告は観戦記にあとに

報告したいと思っています。

今週の出走予定

未分類
10 /03 2012
今週は東京でエスペランサシチー

盛岡でエスポワールシチーが出走予定です。

どちらも希望!その通り頑張ってほしいですね。

尚、最近夜は疲れてなかなか更新できません。

先週の予想結果は後ほど公開します。

しろりゅうせい

出身地:北海道釧路市
現住所:埼玉県の武蔵野線沿い
趣味:競馬、野球観戦、たまにゴルフ
   温泉は大好きです。

一口馬主愛馬応援します。
(友駿24年、キャロット6年)
ラーメンを中心としたおいしいもの。
野球はジャイアンツの応援。
その他、いろいろ書きます。

2013年度愛馬出走成績
80戦 1着6回・2着6回・3着6回
2014年度愛馬出走成績
90戦 1着3回・2着4回・3着5回
2015年度愛馬出走成績
84戦 1着7回・2着6回・3着4回
2016年度愛馬出走成績
73戦 1着3回・2着2回・3着8回


2017年愛馬成績(8/20現在)
51戦 1着5回・2着4回・3着5回 

01/05 スペリオルシチー 9着
01/16 クレイトンシチー  2着
01/19 デステニィシチー 10着
01/21 グリシーヌシチー 5着
01/21 マイティーニー  3着
01/29 クレイトンシチー 11着
01/29 グリシーヌシチー 4着
02/11 ハイデンガールズ 5着
02/18 ラッシュアタック  13着
02/19 コンクエストシチー 10着
02/25 プログレスシチー 3着
02/25 ハイデンガールズ 1着
02/26 スペリオルシチー 7着
03/11 コンクエストシチー 3着
03/12 プログレスシチー 4着
03/20 ラディアントシチー 13着
03/25 マイティーニー  13着
03/26 コンクエストシチー 13着
03/30 シャンドランジュ 8着
04/01 パリンジェネシス 6着
04/02 プレジールシチ- 落馬
04/09 グリシーヌシチー 3着
04/09 ラッシュアタック 2着
04/16 コンクエストシチー 落馬
04/22 グリシーヌシチー 7着
04/22 スペリオルシチー 3着
04/27 シャンドランジュ 10着
04/29 ラッシュアタック 6着
04/30 コンクエストシチー 8着
05/07 ヴァンベールシチー 1着
05/14 コンクエストシチー 13着
05/20 シルヴァーナ 11着
05/21 プレジールシチ- 5着
05/27 ヴァンベールシチー 6着
06/11 クレイトンシチー 12着
06/17 プレジールシチ- 2着
06/17 ハイデンガールズ8着
06/24 シルヴァーナ 16着
06/25 コンクエストシチー 10着
07/01 パリンジェネシス 15着
07/02 ハイデンガールズ8着
07/09 クレイトンシチー 10着
07/15 ラッシュアタック 4着
07/16 ハイデンガールズ6着
07/30 スペリオルシチー 1着
07/30 プレジールシチ- 1着
07/30 グリシーヌシチー 8着
08/06 パリンジェネシス 1着
08/12 コンクエストシチー 5着
08/12 プログレスシチー 4着
08/19 スペリオルシチー 2着