今週はエスポの出走です。

エスポワールシチー(種牡馬)・・功労馬
06 /27 2011
今週の29日はいよいよ大井競馬場エスポワールシチーの登場です。

6月に入り愛馬の成績は振るわないのでがんばってほしいです。

よもや着外になることはないと思いますが

ここは景気づけに優勝と行きたいどころです。

実質、スマートファルコンとの2強だと思いますが

4コーナで離す競馬ができれば、勝利は間違いないでしょう。

当日は大阪に出張ですが、なんとかレースに間に合うよう

帰ってきたいですね。

2年連続、最優秀ダートホースに意地を見せてくれ!

しろ・ムラっち・ワカワカの究極予想~宝塚記念~

未分類
06 /25 2011
しろの予想を若干訂正します
それと前半戦最後ですので、まさおくんの「何の予想」コーナーと
しろ、ムラっち、ワカワカ、なおさんのWIN5でパフパフしようコーナー
を特別企画で追加しました。

みなさんの熱いあ予想をどうぞ!

それではしろの予想です。

年末の有馬記念に比べ、何となく盛り上がりに欠ける
夏のグランプリ、宝塚記念。
今年はいいメンバーが揃い盛り上がりそうだ。

宝塚記念の思い出レースは01年メイショウドトウが勝ったレース。
2着続きにピリオドを打ったレース。
その時代はテイエムオペラオーと言うスーパーホースが
いただけに、時代には薄くしか残っていないが、
すばらしい馬の1頭だったと思う。

さて、今年はスターが集結。
特に4歳勢の強さは、目を見張るものがある。

本命はエイシンフラッシュ。
そのレベルの高い4歳勢に名を連ねているが
昨年のJCからは思うような競馬ができず
スランプに陥っていた。

休養を挟んだここ2戦はダービーに近い出来になってきており
目標をここに定めた陣営を信じ◎とした。
ダービー馬の名に恥じぬレースを期待する。

○はルーラーシップ。
前走は致命的な出遅れで終わりとおもっていたが、
3角より捲るように上がっていき、最後はきっちり
差し込むレースは圧巻であった。
兄弟も結果を残しているが、母に最も近い走り方をするのは
この馬であろう。

◎○の2頭は甲乙つけがたい出来で▲はなし。

★はナムラクレセント
ゲートが合わなかった前走でも3着と充実一途。
もはや絶好調としか言いようがあるまい。

△1はハートビートソング
充実の4歳勢で昨年の春はそこそこの競馬をしていた。
ここ数戦は晩成型を思わせるような競馬で成長は一番。

【追加】
一頭忘れていたのが△2アーネストリー。
究極にい仕上げで陣営自信の一頭


以上5頭

人気のブエナは調教がいいときよりも良く見えず
前走も距離はマイルとはいえ、失礼ながらあの相手に
あの程度であれば消し。
時計は優秀であるが、レース全体の高レベルとは・・。

ドリジャニは終わった感があり、トゥザは調子の波が激しく・・
ローズは返し馬を見て、拾得を考える。

馬券は
馬単◎⇔○★△と○⇔★△の10点
馬単◎⇔○★△1△2と○⇔★△1△2の14点

三連単フォーメーション
◎○→◎○★→◎○★△の8点
◎○→◎○★→◎○★△1△2の12点

-------------------------------------------------
それではワカワカさんの予想です。

今年の前半戦を締めくくる最後のG1宝塚記念!

去年の覇者ナカヤマフェスタ、有馬記念を征したヴィクトワールピザが出走しないが、
ブエナヒスタをはじめ4歳馬の強豪達が揃い近年にない豪華メンバーが揃った。
この混戦をきっちり当てて前半戦を気分良く終わりたい。


本命は
◎.ブエナヒスタ
やはり本命は外せない、ファン投票第一位!
ヴィクトリアマイルではアパパネに苦杯を飲まされる形となったが
それはマイル適性の差で悲観する必要はない。
状態も前走より良くなっているし、
2000M以上の距離ならば牡馬相手でも現役最強の名は譲らない。

○.エイシンフラッシュ
調教での動きは素晴らしいの一言。
昨年のダービー以来勝ち星はないものの、前走、前々走は外枠から2、3着を確保と
復調の兆しが見えてきた。
特に前々走の大阪杯(2000M)では59Kを背負いながらもレコードタイムをマーク。
内枠を引けた今回は勝ち負けを期待できる。

▲.アーネストリー
佐々木調教師が生涯最高の出来!!と絶賛するほど状態がいい。
先行して押しきるタイプのこの馬にとって去年と同じ1枠2番もプラス材料だ。
今の状態ならば強力な4歳勢を抑えて去年の3着以上の成績が期待できる。

☆.ルーラーシップ
前走は大きく出遅れたものの最後はきっちり差しきっての圧巻V。
超良血が完全に目覚めた。
前走よりも相手はかなり強化されるが、このメンバーでも軽く一蹴する場面があっても驚けない。
プリンシバルS以来の横山騎手の手綱で初G1取りを目指す。

天皇賞3着
△1.ナムラクレセント
王国復権をかける
△2.ローズキングダム
09年の覇者
△3.ドリームジャーニー未知の4歳馬
△4.ハートビートソング

買目は
3連単
◎○-◎○▲☆-◎○▲☆△1△2△3△4
36通り

馬単
◎-△1△2△3△4
4通り

3連複
◎-○▲△1△2△3△4
15通り

55点勝負!!


-------------------------------------------------
それではムラっちさんの熱き予想です。

グランプリボスの英GIセントジェームズパレスS挑戦は残念な事に8着に終わった。
だが、既に数ある海外GIに参戦し、
ドバイWCを勝利するまでになった日本馬の中でグランプリボスの残した足跡は大きい。
今までの日本馬の海外参戦は、凱旋門賞、ブリーダーズC、ドバイWCと
3歳秋、あるいは古馬のレースがほとんどであった。
ベルモンドSに挑戦したカジノドライブの例はあるが、
同馬の場合は兄弟が2頭ベルモンドSに勝利していたという背景が大いに影響したと言えよう。
そこに純内国産馬グランプリボスの英3歳GI参戦である。
結果は8着に終わったが、グランプリボスの挑戦はメディアが取り上げる以上に意義のある事だと考える。
素軽いスピードが売りのサクラバクシンオー産駒のグランプリボスにはイギリスの深い芝は味方をしてくれないであろう。
それに加え、国内競馬以上の輸送時間も少なからず影響するであろう。
そんな不利を承知の上で英3歳GIにチャレンジしたということは、
日本馬にとって新たな道を切り開く第一歩になるのではなかろうか。
日本競馬の賞金は海外の諸レースと比べても高額であること、
またやはり多くの関係者が3歳クラシックを目標としていることから
ゲームの世界でしか味わえなかった英1000ギニー、2000ギニー、英ダービー、仏ダービーなどの
欧州ビッグタイトルへの挑戦にはまだ少々時間がかかるかもしれないが、
それでもグランプリボスの3歳春欧州GI挑戦はここ10年の競馬史において非常に高い評価に値するものであると考える。
小欄はグランプリボスの欧州GI挑戦を心から尊敬する。

さて宝塚記念。
今年はブエナビスタvs超強力4歳陣と言う図式となった。
確かに今年の4歳勢は強い。
ドバイWCを勝ったヴィクトワールピサを筆頭に天皇賞・春を制したヒルノダムール、2着のエイシンフラッシュに
ペルーサ、ローズキングダム、トゥザグローリー、ルーラーシップと名前を出すときりがない。

それでも、まともな状態のブエナビスタとやって勝てるかと言われれば、疑問符がつく。
問題はブエナビスタが昨秋の状態にあるかであろう。

前走の競馬のみでその判断を下すのは非常に難しいが、
決して得意ではないマイル戦とは言え、牝馬相手に遅れを取る内容は如何なものか。
牝馬相手であれば相手がアパパネであろうと誰であろうと勝ち切って欲しかった。
しかもそのアパパネは安田記念で牡馬相手に力負けであるから尚更ブエナビスタの状態は疑わしい。
前述した通り今年国内1戦のみで状態を見極めるのは非常に難しいが、
過度に人気を背負う事になるであろうことも含めてここは△評価が妥当と判断した。

◎エイシンフラッシュ
大阪杯3着、天皇賞2着と今年に入り惜敗続きだが、能力は間違いなく一級品で
ダービー馬の輝きが色褪せるものではない。
昨秋のスランプからも完全に立ち直った印象。
天皇賞では先行馬の乱ペースに惑わされることなく後方でじっと我慢し直線脚を伸ばしたように、
我慢がきけば末脚は確実。
問題は脚質と騎手乗り替わり。
阪神内回り2200mは乗り難しく追い込み一辺倒では届かない。
そこに来ての主戦内田騎手の負傷乗り替わりは相当痛い。
一時期は3番手評価としていたが、やはり同馬への想いを捨てきれずフラッシュと心中と決めた。

○ルーラーシップ
ダービー時の予想で「将来的に世代を統べる可能性を持った馬」と書いたが、
どうやら現実的に馬がその領域へ達したようである。
金鯱賞の強烈なパフォーマンスもさることながら、今年に入りとにかく馬が充実している印象。
鞍上も心強い。

▲トゥザグローリー
京都記念~日経賞が圧巻の内容。
京都記念は4コーナーで前が壁、横にも馬と完全にブロックされる形となりながら
直線で外に持ち出してから次元の違う伸び脚で快勝。
日経賞はスムーズに直線を向いてからはローズキングダム、ペルーサを置き去りで馬なりゴール。
共に同じ4歳世代を蹴散らしての連勝だけに評価大。
天皇賞は距離と先頭が何度も入れ替わる変則ペースに折り合いを欠いた結果で、
この距離であればこのメンバーに入っても間違いなく勝ち負け。
一時は◎まで考えたが、クラブHPの「正直絶好調ではない」のコメントで評価を下げた。

☆ローズキングダム
前走の大敗と今年に入ってからの成績で人気が急落しているが、
昨秋はJCで判定勝ちし、有馬に出ていてもブエナビスタと人気を分け合ったはず。
天皇賞は距離、日経新春杯はトップハンデに疝痛明け、日経賞は状態が本物ではなく
負けは全て説明できる。
人気を落とした今回、豪腕ウイリアムズ騎乗で見直せる。

以降△に冒頭で記載したブエナビスタと1枠の2頭。
実は天皇賞で一番強い競馬をしたのではないかと思うナムラクレセント。
陣営から絶好調宣言が出たアーネストリー。

買い目は
三連単フォーメーション
◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△△△ の30点

三連複フォーメーション
◎-○▲☆-○▲☆△△△ の12点

◎⇔○▲☆△△△ の12点

人生の先輩と全く同じ◎=○となったことも心強い限りである。

------------------------------------------------
それでは、まさおくんの「何の予想」のコーナーです。

◎ルーラシップ
○ブエナビスタ
▲トゥザグローリー
△アーネストリー

買い目は
◎の単勝

馬単
◎→○▲△の3点

三連単フォーメーション
◎→○▲→○▲△の4点

あと三連複BOXで
3-5-10-14

なんだかんだでブエナの56キロは魅力!!
三連複は自分の○○日馬券!

ハズレたらロックンロールに免じて許してちょ。

------------------------------------------------
そして最後にWIN5でパフパフしようコーナー

これは先ほどまで、しろ・ムラっち・ワカワカの3名で
酔っぱらいながら考えた明日のWIN5予想です。

当たったら3人で裸になる予定。
なんで裸かって?
そりゃ、あんた。。。。

ってことでこれが予想(購入済み)
WN5予想

今週の出走

ザストロンシチー(1000万)引退
06 /23 2011
結局ザストロンとアルセーヌのガチンコ対決は無のようです。

アルセーヌが回避という事になりました。

有力な2頭でしたから、同じレースで走るにはチョットと思って

いましたので、これでホッとしています。

ザストロン追い切りタイムは優秀で、期待しています。
(坂路コースで4F 54.5-計測不能-25.0-11.8)

また谷原調教師もコメントで

「先週は坂路コースで馬なりで追いきりました。
うるさいところもみせなくなり鋭い動きを示しています。
格上げ戦となりますが、遜色ないと考えています。」

ということですから、連続勝利もありうるでしょう。

もちろん当日は応援にいきます。

時はきた!

キャロットクラブ一口出資馬
06 /21 2011
時は2011年6月26日16時10分

今、戦いを知らせるファンファーレが鳴りはじめた

「いまじゃー突撃じゃー」大将、ざすとろんが叫ぶ!

もう一方の大将、あるせーぬ「仕掛けところを誤るではないぞ!」

両者睨み合いが続く。

直線を向く、最後の攻防が続く

「いまじゃ」あるせーぬ大将が叫ぶ

「まだまだー」ざすとろん大将

両者の戦いは最後の50mまで続く。

どちらが生き残れるか!


おたのしみに!・・・・・・


ということで今週日曜日、中山12Rチーム流星厩舎の

ノリにノッテいる、アルセーヌとザストロンが出走予定。

まさか、ノッテル2頭が同じレースを目指しているとは・・・


実現すればチーム流星厩舎始まって以来の2頭出しとなります。

できればこの戦いは避けたいですが・・。


そして天王山、29日は本当の大将エスポが出走!

これも楽しみですね。

結果は

未分類
06 /19 2011
ノワールシチーの結果は9着でした。

まぁ休み明けは必ずと言っていいほど走らない厩舎ですから

叩かれて少しづつ良くなって行けばと思います。

良くなるまでは3~4走は必要ではないでしょうか?

一方馬券は昨日に引き続き当たるものの、プラスにはならず

本日もダメかと思いましたが、最後にドカーンと気ました。

中山12R
69,290円の配当です。

3着の写真判定のなが~いこと。

テレビに映し出されている映像では差されていると思いましたが・・

数センチ勝っていたようです。

0になるか69,290になるか?ドキドキでした。ふっ~!!

今週の愛馬

未分類
06 /17 2011
今週は日曜日、阪神4Rでノワールシチーが出走します。

休み明けで状態はCのようですが、昇級初戦でなんとか

掲示板に乗ってほしいと思っています。

3着でした

未分類
06 /13 2011
先週の愛馬アルセーヌシチーは3着でした。

スタートは良かったのですが、そのあと後ろに下がり

直線追い込むものの、先頭との差はありましたね。

あとで吉田豊騎手のコメントでは

他の馬と接触と直線に向いてからの落鉄があったとか

ならば、3着は立派な成績です。

次こそ何とかしてくれそうです。

写真をアップします。

特に入れ込む様子もなく、逆のおとなし過ぎるくらいのアルセーヌ。
IMGP3283.jpg

レースでは追い込むも3着。このときには落鉄してたようです。
IMGP3328.jpg

ついでにいつもお世話になっているネコパンチ君です。
今回はお世話になる事ができませんでしたが、
いつもながらネコ!ネコ!と喚かせていただきました。
IMGP3397.jpg

今週・来週の予想はお休みいたします。

予想
06 /11 2011
申し訳ございません。
今週・来週の予想はお休みします。

明日はアルセーヌシチーが出走しますので
東京競馬場に応援に行きます。

今年の愛馬の結果(6月9日現在)

キャロットクラブ一口出資馬
06 /09 2011
今年上期の愛馬の成績を調べてみました。


エスポワールシチー  1-0-1-0-0-0 

ノワールシチー     1-1-0-0-0-0 

アルセーヌシチー    0-1-2-2-0-1

ゲルマンシチー     1-0-0-1-0-1

ザストロンシチー    1-0-0-0-0-0

マリアンヌシチー    0-0-0-0-0-2


トータル       4-2-3-3-0-4
掲示板率 75%
連対率  37.5%


マリアンヌシチー(引退)を除けばかなり立派な成績だと思います。
今週、アルセーヌシチーが日曜東京8Rに出走し優勝すれば
現役持ち馬で出走した馬は全て勝利したことになります。

意外にいい馬にめぐり合っているのかも知れませんね。

ザストロン・ゲルマン観戦写真

ザストロンシチー(1000万)引退
06 /06 2011
4日土曜日愛馬ザストロンシチー・ゲルマンシチー出走の為

観戦に行ってきました。

結果、ザストロンは優勝!

ゲルマンは残念ながら大出遅れで6着となりました。

ザストロンは5ヵ月振りでしたが、休ませた効果と

ジックリと乗られた効果が出たのだと思います。

種牡馬を引退したタップの子ですから、次も勝って

名前を残してもらいたいですね。

一方ゲルマンは大出遅れという結果でしたが

最後の脚は見どころがあり、まともなスタートなら

突き抜けていたのではないかと思います。

脚元がパンとしてくれば芝にも挑戦できると思いますし

レース振りからはむしろ、次への期待が膨らみました。

まだ馬が若いのでジックリ調整してほしいと思います。

写真を撮ってきましたのでアップします。


ザストロンはパドックでは入れ込み気味で、
終始首を上下に揺さぶっいました。
IMGP3152.jpg

かなりうるさく、今日はダメかと思いましたが・・
IMGP3155.jpg

何と優勝です。
口取りでもうるさく、まともな写真を撮らせてくれなかったようです。
IMGP3191.jpg

一方ゲルマンはパドックでは非常におとなしい馬です。
IMGP3224.jpg

返し馬も良かったのですが、この後痛恨の大出遅れでした。
IMGP3255.jpg


今週はアルセーヌとノワールが出走です。

ザストロンのあとに続いて優勝を期待します。

しろ・ムラっち・ワカワカの究極予想~安田記念~

予想
06 /04 2011
本日、愛馬ザストロンシチーが優勝!
ゲルマンは残念ながら大出遅れでした。

写真の明日以降にアップする予定です。

さて、明日は安田記念です。
抜けた馬はいなく、どの馬にもチャンスがある
と思います。

まずはしろの予想から
------------------------------------------
どんな展開でも、一定の上がりがだせるダノンヨーヨーが本命。
ここ6走は33秒台の上がり時計を出しており、まさに直線長い
東京向きの末脚。
調教の動きも明らかに良くなっており、勝てる要素は充分。

○はビービーガルダン
最近はズブくなったのか、千二は忙しく思える。
前走の高松宮でももう少し距離があればと思えるほど
末は確かであった。
ここは職人、佐藤哲三騎手がこの馬の良いところを
引き出してくれるはず。

▲はストロングリターン
ここのところ出遅れグセが直り、成績が安定。
スローぺースで完全にシルポートに軍配が上がると
思われた京王SCを差し切れたあたり、今が充実期と
言って過言ではない。

★はシルポート
逃げて折り合ったときの力は特質もの。
上記ストロングとも京王SCを見る限る力の差はない。

△1はアパパネ
このクラスでは力上位も、前走厳しいレースをしてからの
間隔が早すぎる気がする。その点が気ががかり。

△2はリーチザクラウン
前々走は敗因がはっきり。
前走はレースはしておらず、まだ余力がある。

△3はジョーカプチーノ
NHKマイルで勝った時のような状態にありそうで
この距離までなら何とかなりそう。

馬券は三連単フォーメーションで
◎○→◎○▲→◎○▲★△1△2△3 の24点

馬単流し(マルチ)
◎⇔○▲★△1△2△3 の12点


さてさて
それでは全く運が下降気味なムラっちさんの予想です。
-----------------------------------------------------
金曜夜に開催された仲間内での麻雀では、一晩で36kのマイナス。
どうやら運気のバイオリズムが底辺まで落ちているようである。
こんな時は何をやってもうまく行かないもの。
だがそれもギャンブル。
やり続ける事で運気上昇のきっかけを掴みたい。

◎ストロングリターン。
混戦の安田記念。
京王杯を好タイムで快勝した京王杯馬が1枠に入りこの人気(4番人気)であれば狙わない手はない。
元より3歳時から重賞で活躍しており、最近になってようやく馬に身が入ってきた印象。
前走も鞍上の激しいアクションに応えて一完歩ずつしっかり差をつめて最後キッチリ差し切った。
あの競馬が出来れば今回も必ず好勝負になるはず。

○クレバートウショウ。
前走は直線で前が詰まる不完全燃焼。
ムチも使えず馬なりゴールでそれでも上がり3ハロン33.3。
引き続き内枠を引いた今回も、勝つために内々ぴったりの追走から反省せずに内を突いて貰いたい。
突き抜ける可能性は十分にあると判断した。

▲ダノンヨーヨー。
全13戦中12戦がマイル戦というマイルの鬼。
昨年のマイルCSを見ても、力量上位は明らか。
陣営からは、前走とは比べ物にならない出来、とのコメント。
豪腕鞍上で改めて期待。

☆リディル。
かつては幻のダービー馬と言われた馬が前走ようやく休養明け初勝利。
新潟ではあるが梢重で1.32.8は評価できるタイム。
鞍上中舘騎手は久しぶりの大舞台に心躍るはず。
馬はその期待に十分に応えられる素質の持ち主で、☆評価に抜擢した。

以降抑えに
京王杯で◎とハナ差の好勝負を演じ、今回も逃げ有力のシルポート。
前走東京芝1600を好タイム勝ち、出走を信じて目一杯追い切ったシルクアーネスト。

人気のアパパネ。
今春の目標はヴィクトリアマイルでのブエナビスタ切りだったはずで、状態は良く見ても90%以下。
また牡馬相手に勝ったのは未勝利戦のみと、人気を承知で買うにはハードルが高い。
勝たれたら6冠馬誕生を肴に乾杯することとして、馬券的には無印が正解であろう。
…と思うが、競馬も麻雀も好調のワカワカ先生から「アパパネは3着」とのありがたいお言葉があり
運気低下気味の今回は控えめに△を打つ。

買い目は、
三連単フォーメーション
◎→○▲☆→○▲☆△△△ 15点

三連複フォーメーション
◎-○▲☆-○▲☆△△△ 12点

馬単
◎⇔○▲☆△△△ 12点


それではワカワカさんの予想です
--------------------------------------------------------
今年の安田記念はなんといってもアパパネが牡馬に通用するのかといった点が焦点になる。
心情的にはアパパネに勝って欲しい気持ちはあるが…。

本命は
◎.スマイルジャク
前走のマイラーズCでメンバー上がり最速の33.0をマーク。
阪神よりも東京向くし、内枠を引けたのもいい。
今年で6歳、ラストチャンスにかける陣営も目一杯仕上げてきた。

○.ダノンヨーヨ
14戦して10回、33秒台、末脚が確かな1頭。
今年は7着3着と振るわないが勝ち馬とは0.3秒差で悲観する必要はない。
このメンバーなら能力は間違いなく上位。
同じ東京マイルでグランプリボスを勝利に導いたウィリアムズに期待。

▲.サムザップ
調教で気になった一頭。
動き軽快で状態も良さそう。
脚質が追い込みなので直線が長い東京は向くと思う。
食い込んでくる可能性は十分にある。

☆.アパパネ
牝馬5冠の女傑。ヴイクトリアマイルでは見事ブエナヒスタを抑えての勝利。
自分から動いての勝利だけに勝ちがある。
だが状態はヴイクトリアマイルの時のほうが上だろう。
レース感覚も詰まっているし、ここを目標にしてきた牡馬相手ではさすがに厳しいと評価を下げた。

以下

△1.シルポート
△2.ストロングリターン△3.リアルインパクト
△4.リーチザクラウン

買目は
三連単
◎○-◎○▲☆-◎○▲☆△△△△
36通り

3連複(2頭軸)
◎○-▲☆△△△△
6通り

42点勝負!

今週は愛馬が2頭が出走です

キャロットクラブ一口出資馬
06 /02 2011
東京土曜日、3Rにザストロンシチー
7Rにゲルマンシチーが出走します。

出走は少ないですが、どちらも掲示板を外したことが
ないので、とても楽しみです。

当然、東京競馬場に応援予定。

写真も撮ってきます。

がんばれ!!

しろりゅうせい

出身地:北海道釧路市
現住所:埼玉県の武蔵野線沿い
趣味:競馬、野球観戦、たまにゴルフ
   温泉は大好きです。

一口馬主愛馬応援します。
(友駿24年、キャロット6年)
ラーメンを中心としたおいしいもの。
野球はジャイアンツの応援。
その他、いろいろ書きます。

2013年度愛馬出走成績
80戦 1着6回・2着6回・3着6回
2014年度愛馬出走成績
90戦 1着3回・2着4回・3着5回
2015年度愛馬出走成績
84戦 1着7回・2着6回・3着4回
2016年度愛馬出走成績
73戦 1着3回・2着2回・3着8回


2017年愛馬成績(10/09現在)
65戦 1着7回・2着4回・3着5回 

01/05 スペリオルシチー 9着
01/16 クレイトンシチー  2着
01/19 デステニィシチー 10着
01/21 グリシーヌシチー 5着
01/21 マイティーニー  3着
01/29 クレイトンシチー 11着
01/29 グリシーヌシチー 4着
02/11 ハイデンガールズ 5着
02/18 ラッシュアタック  13着
02/19 コンクエストシチー 10着
02/25 プログレスシチー 3着
02/25 ハイデンガールズ 1着
02/26 スペリオルシチー 7着
03/11 コンクエストシチー 3着
03/12 プログレスシチー 4着
03/20 ラディアントシチー 13着
03/25 マイティーニー  13着
03/26 コンクエストシチー 13着
03/30 シャンドランジュ 8着
04/01 パリンジェネシス 6着
04/02 プレジールシチ- 落馬
04/09 グリシーヌシチー 3着
04/09 ラッシュアタック 2着
04/16 コンクエストシチー 落馬
04/22 グリシーヌシチー 7着
04/22 スペリオルシチー 3着
04/27 シャンドランジュ 10着
04/29 ラッシュアタック 6着
04/30 コンクエストシチー 8着
05/07 ヴァンベールシチー 1着
05/14 コンクエストシチー 13着
05/20 シルヴァーナ 11着
05/21 プレジールシチ- 5着
05/27 ヴァンベールシチー 6着
06/11 クレイトンシチー 12着
06/17 プレジールシチ- 2着
06/17 ハイデンガールズ8着
06/24 シルヴァーナ 16着
06/25 コンクエストシチー 10着
07/01 パリンジェネシス 15着
07/02 ハイデンガールズ8着
07/09 クレイトンシチー 10着
07/15 ラッシュアタック 4着
07/16 ハイデンガールズ6着
07/30 スペリオルシチー 1着
07/30 プレジールシチ- 1着
07/30 グリシーヌシチー 8着
08/06 パリンジェネシス 1着
08/12 コンクエストシチー 5着
08/12 プログレスシチー 4着
08/19 スペリオルシチー 2着
08/27 プログレスシチー 8着
09/02 ハイデンガールズ5着
09/03 シルヴァーナ 11着
09/03 スペリオルシチー 1着
09/09 コンクエストシチー 4着
09/10 ラッシュアタック 1着
09/16 ハイデンガールズ13着
09/18 ヴァンベールシチー 10着
09/23 コンクエストシチー 6着
09/24 シルヴァーナ 16着
09/24 プログレスシチー 11着
09/25 クレイトンシチー 6着
09/31 ラッシュアタック 9着
10/08 ヴァンベールシチー 5着