FC2ブログ

GⅠ予想 フェブラリーステークス

予想
02 /21 2021
フェブラリーステークス予想です。

ここ数年にない大混戦で、どの馬が勝ってもおかしくない。
まずは馬場から攻めていく。

昨日行われたダート競争は7鞍あった。
そのうち、6鞍は逃げ、先行で決まったレース。
直線の向いた着順が、そのまま直結していたと言ってよい。

大波乱もあり三連単2000万馬券の登場したくらい。
晴れ同じ馬場がガラッと変わることはないだろう。

この時点で狙いは逃げ、先行馬。

その先行馬の中でも状態が良い馬に重い印をつけたい。
まずはその中でも消しにした馬を公開。

消し;カフェファロアオ
この馬は強い勝ち方をするか大敗するかのどちらか。
馬の精神的な問題だとは思うが、陣営の勝たせる為に
いろいろなことをやっている。

勝ったときの破壊力は抜群でぶっちぎる可能性もあり。
但し、勝つ確率50%、負け50%と思っているのなら
ここは思い切って消しても良いと思う。

◎本命はアルクトス
なかなかかちきれな勝った馬が南部杯を境に成長。
2走前は距離、前走は59Kが敗因で悲観する内容ではない。
調教絶好、舞台絶好となればここは本命に推奨したい。

○はインティ
恐らくいくのはこの馬。
前記した通り馬場は逃げ先行向き。
ここ数戦、いい時に比べれば衰えた感はあるが
今の馬場はこの馬に味方する。
衰えたとは言え、能力値は違うはずで、久振りにこの馬の
レースができるはず。

▲オーヴェルニュ
ここ数戦はすばらしい走りを繰り広げおり、まさに好調。
冬の上り馬と言っていいと思う。

★ソリストサンダー
本命にしようと思った馬だが、やはり経験が必要で
ここを叩いて更に力をつけてからだろう。

△1エアアルマス
素質はある馬。
ただ東京1600は不得意舞台。
ただ自分の競馬ができたときは上昇する。

△2ヤマニンアンプリメ
最後に穴に一考


買い目は
三連単フォーメーション
◎○→◎〇▲★→◎〇▲★△1△2 24点

エイムアンドエンド優勝!

未分類
02 /08 2021
愛馬エイムアンドエンドが2勝クラスを優勝。

2年2ヶ月ぶりの勝利です。

長かった〜。

元々、共同通信杯3着の実績。

オープンでも戦えると思いましたが、

そう甘くはいきませんでした。

しかし、良く立て直し頑張りました。

昇級して厳しいでしょうけど

次も優勝目指して頑張ってほしい。

地方で2勝

未分類
01 /22 2021
今年の愛馬は船橋、姫路で勝ち1月は
2勝となりました。

地方とはいえ、勝利は格別なものです。

まだ中央での勝ち星こそありませんが、
このまま勝ちを継続的に増やしていきたい
と思っています。

2020年度愛馬成績

未分類
01 /02 2021
2020年の愛馬成績

出走数は今までで最高でしたが
1着が少なかった。

来年は1着15回を狙います!

127戦 1着8回・2着6回・3着10回

01/06 パリンジェネシス 10着
01/18 ブロンドキュート  7着
01/18 ブリッツェンシチー  4着
01/18 グリニッジシチー  5着
01/19 アンシャンテ シチー 10着
01/21 シュテルンシチー   2着
01/25 ルージュカプリス 13着
01/25 マリアネージュ   6着
02/01 アンシャンテ シチー  7着
02/05 シュテルンシチー   3着
02/09 アルコンシチー   8着
02/09 クロスパール   8着
02/09 エイムアンドエンド 7着
02/22 ペルセウスシチー  4着
02/22 スペリオルシチー  8着
02/23 アンシャンテシチー  3着
02/23 ヴァンベールシチー 10着
02/29 ローズパルファン  7着
03/05 シュテルンシチー   1着
03/07 ブリッツェンシチー  4着
03/08 ルージュカプリス  9着
03/08 ブロンドキュート  7着
03/14 エイムアンドエンド 13着
03/20 グリニッジシチー 14着
03/20 プログレスシチー 7着
03/21 ペルセウスシチー 2着
03/24 シュテルンシチー  3着
04/04 メルヴェイユ゙シチー 12着
04/04 アルコンシチー   5着
04/11 ベレヌス    1着
04/12 ペルセウスシチー 5着
04/12 スペリオルシチー  12着
04/18 アンシャンテ シチー 10着
04/18 ブリッツェンシチー 16着
04/19 ローズパルファン 12着
04/19 アルコンシチー   4着
04/19 ブロンドキュート 12着
04/22 シュテルンシチー  7着
04/26 メルヴェイユ゙シチー 13着
04/25 ルージュカプリス 16着
05/02 プログレスシチー 8着
05/02 クロスパール   8着
05/02 ヴァンベールシチー 14着
05/02 モンテローザシチー 8着
05/03 アンシャンテ シチー 11着
05/11 アルコンシチー   11着
05/22 シュテルンシチー  2着
05/24 メルヴェイユ゙シチー 14着
05/24 ルージュカプリス 12着
06/01 パリンジェネシス 17着
06/01 スペリオルシチー  13着
06/13 マリアネージュ   7着
06/14 アルコンシチー   7着
06/14 ペルセウスシチー 6着
06/14 コンクエストシチー 10着
06/19 シュテルンシチー  1着
06/20 ペルセウスシチー 5着
06/20 プログレスシチー 12着
06/21 グリニッジシチー 13着
06/25 モンテローザシチー 13着
07/04 アルコンシチー  11着
07/05 ベレヌス    9着
07/08 モンテローザシチー 8着
07/11 ペルセウスシチー 9着
07/11 ローズパルファン 3着
07/12 エイムアンドエンド 13着
07/12 ブリッツェンシチー 4着
07/31 モンテローザシチー 4着
08/02 ローズパルファン 3着
08/05 スペリオルシチー  4着
08/09 マリアネージュ  10着
08/15 ローズパルファン 1着
08/15 ブロンドキュート 10着
08/15 ベレヌス    3着
08/19 モンテローザシチー 12着
08/22 アルコンシチー   6着
08/23 アバンダンスシチー14着
08/29 ペルセウスシチー 1着
08/30 エイムアンドエンド 11着
09/05 アバンダンスシチー 11着
09/09 モンテローザシチー 9着
09/12 アルコンシチー   10着
09/12 ベレヌス    1着
09/13 コンクエストシチー  12着
09/20 グリニッジシチー 5着
09/21 ヴァンベールシチー 11着
09/26 レディアリエス   6着
10/02 スペリオルシチー  10着
10/03 サイファーシチー   1着
10/04 シュテルンシチー  14着
10/04 ブリッツェンシチー 9着
10/08 モンテローザシチー 11着
10/11 コンクエストシチー   5着
10/17 レディアリエス   2着
10/18 ブロンドキュート  9着
10/20 スペリオルシチー   3着
10/26 エイムアンドエンド 8着
10/26 コンクエストシチー   5着
10/31 モンストルシチー   15着
10/31 ベレヌス    2着
11/03 モンテローザシチー 11着
11/07 ヴァンベールシチー 12着
11/08 コンクエストシチー   7着
11/14 シャルマンシェリー   2着
11/14 ローズパルファン 10着
11/14 サイファーシチー  12着
11/14 シュテルンシチー  4着
11/17 モンテローザシチー 12着
11/19 スペリオルシチー  10着
11/21 ブリッツェンシチー 15着
11/21 ホワイトクロウ   1着
11/22 コンクエストシチー  9着
11/23 ファステストシチー 17着
11/23 モンストルシチー  12着
11/23 エイムアンドエンド 3着
11/28 モーリスシチー   3着 
12/04 セレンゲティシチー 10着 
12/05 モンストルシチー  14着
12/05 シュテルンシチー  11着
12/06 グリニッジシチー 9着
12/08 モンテローザシチー 13着
12/12 ペルセウスシチー 6着
12/13 ベレヌス    4着
12/19 レディアリエス  3着
12/19 ブロンドキュート 16着
12/26 モーリスシチー   6着 
12/29 モンテローザシチー 7着




GI予想 有馬記念~2020年フィナーレ~

予想
12 /26 2020
さて、今年最後の予想!有馬記念です。

本日はしろりゅうせい、ムラッち、ワカワカが随時予想を展開します。

それではしろりゅうせいの予想。

2020最後を締めくくる有馬記念。
今年は、コロナの影響もあり観戦にはなかなか行けず、
競馬ファンとしては苦しい1年であった。
しかしながら、コロナでの中止はなく、開催されただけでも
感謝しなくてはならない。
国外にいく馬の少なく、ジャパンカップでは史上稀にみる
三冠馬対決が繰り広げ、競馬は大いに盛り上がった。

そのジャパンカップの1~3着馬は有馬には出てこない。
いわゆる超一流馬でなく一流馬の戦いとなった本レース。
馬券的には更に面白いこととなるだろう。

さて、そろそろ予想に入る。
正直、今でも迷っている。
今回は力拮抗と言ってもいいだろう。

ここのところ調子が良いクロノジェネシスか?
三強に食い下がったカレンか?
普通ならそのような予想になるはず。

しかし、中山は特殊なコース。
昨年のアーモンドアイのようになることも少なくない。
すんなり決まらないのが中山で、有馬記念でもあろう。

本命◎はオーソリテイ
昨年のホープフルは幼い感じで舌をだしながら走っていたが
今年のアルゼンチンは大人になった印象で古馬を一蹴。
最後の脚色は一緒になったものの、骨折放牧明けとは
思えない走りであった。
ここ中間の調教も先着しており、一叩きした今回は更に違う。
前々の競馬をすればおのずと結果が見えてくる。

○はバビット
菊花賞では自分のペースで逃げたかったが、キメラが絡んで
2番手追走での勝負。
4コーナでは先頭に立ったが絡まれた分残念な結果となった。
今の中山の馬場は少なくても先行・好意有利な馬場で
自分のペースで逃げれば粘りも違うはず。
中山の4コーナで早めに来られなければ、してやったりの
競馬が見せれるはず。
ちなみに菊のラップ3ハロン前では11.8という数字を
掲示しているのはキメラから先頭にたったラップで
うまく運べば確実に残れるとみた。

▲はフィエールマン
ここ数戦は充実した競馬。
前有利の中山ではあるが、昨年のように早めに動くのではなく
ゆっくり捲るように上がればチャンスは充分。
アーモンドアイに強襲した前走も上りは1番で一流馬であることを
証明できた。

★はラブリズオンリーユー
ようやく復調気配になってきた。
ここのところカイ食いも良くなってきているようで
ビシビシと追切を消化している。
デムーロは中山を熟知しており3コーナー~4コーナーを
うまく廻れば勝機もでてくる。

△1はカレンブーケドール
なかなか勝ちきれない馬だが超一流馬にも食い下がる善戦マン。
本来であれば◎にしてもよさそうだが、みなさんが言うように
乗り替わりが吉と出ると思わず、ここまで下げた。
グランプリ得意のジョッキーであるが、これで一押しがきくなら
他の馬でも同じことが言えるのはないか?
乗り役変更でマイナスとみているが馬には力はある。

△2はクロノジェネシス
ここは強いと思うが、初コース、トリッキーなコースを
最初から上手くこなせると思えず、この印とした。

△3はペルシアンナイト
最近はズブくなってきているがオッズがここまで下がるほど
落ちてはいなく、3着にくれば面白い。

買い目は三連単フォーメーション
◎〇→◎〇▲★→◎〇▲★△1△2△3 30点勝負!



それではムラッちさんの予想です。


今年は有馬記念が12/27、年の瀬も押し迫った最後の日曜日ですね。
暦によっては有馬記念が12/20過ぎの日曜日になることもありますが、競馬人間からしたら有馬が終われば1年終わりですからね、なんとも気の抜けた状態で10日近くも過ごすのは変な感覚です。そう言った意味で今年の有馬は良い日程になってくれました。

さて1番人気が有力なクロノジェネシス、当初は◎まで考えていたのですが、騎乗する北村騎手は中山芝ではたった3勝、且つ2200m以上は未勝利らしいです。ただでさえ馬は中山初出走で初距離なのに、馬に加えて騎手も不慣れなコース、特にトリッキーと言われる中山芝2500mですからね。更に言うと、平成以降3倍以上の1番人気馬(12/27朝時点ではクロノ1番人気3.1倍)は未勝利らしく、クロノジェネシスは4重苦を持って△1に格下げとしました。でも3.1倍だから2倍台に突入しちゃうかもしれませんけどね。

クロノジェネシスが◎候補だった頃、オッズを眺めていても心がときめかないんです。1番人気なので当然と言えば当然なのですが、あまりにも夢がない。有馬記念は本来夢を買うレースのはずなのにこのままでは夢を買ったことにならないと。どうも予想がしっくりいかないと言うか、ピンとこなかったのですが、そこから方向転換して自分なりに納得のいく結論に至ったと思っています。

◎バビット
中山コースは逃げ先行有利なコースですが、今は例年に増して芝が荒れていて追い込みが届きにくい状態にあります。外の芝が良いからと外に出しても案外伸びないので追い込み勢はかなり苦戦するのではないでしょうか。中山も経験済み、騎手も手の内に入れている逃げ専のバビットが1枠であれば黙って買いでしょう。菊花賞直行組は菊着順に関係なく馬券圏内に絡みやすいと言うデータも後押ししてくれそうです。出来れば溜めずに大きく逃げて欲しいところですが有馬記念ジョッキーのベテランが上手く乗ってくれると信じます。ナカヤマフェスタの爆血が見られれば大いに夢も見れるでしょう。

○フィエールマン
当初は今の荒れ馬場に合わないんじゃないかと思い評価低かったのですが、長距離戦での能力値が違うこと、天皇賞・春馬の有馬好成績を加味し2番手評価としました。昨年のように、なし崩しに脚を使うよりもある程度溜めた方が良いと思いますが、そのあたりは鞍上にお任せですね。また外枠ですしポジショニングが重要ですが、バビットが逃げてキセキが追いかける展開であれば前半はそれなりに流れると思いますので労せず良い位置を確保できるのではないかと見ています。

▲キセキ
個人的に有馬記念の穴タイプの一つに「天皇賞秋、JCを負けて有馬出走」と言うものがあります。王道を進んだ馬は強いと言うことなのですが昨今はこの3戦を皆勤する馬が激減しました。もう秋古馬三冠馬なんて現れないんじゃないかと言う時代ですが、今年は唯一キセキが該当してくれました。有馬は3年連続の出走ですが一昨年は逃げて5着、昨年は出遅れて追い込んで5着と自在っぷりを存分に発揮していますし、今回はバビットがダッシュを決めた後の2番手が濃厚で展開面でかなりのアドバンテージがあると思います。名門角居厩舎最後の芝GI出走となりますし、とにかく暗い話題が多かった2020年、奇跡を願う気持ちで応援します。

☆オーソリティ
充実一途の3歳馬ですね。アルゼンチン組は2015年ゴールドアクターくらいしか馬券に絡んでないのですが、前走時よりも更に上昇ムードで上位争い可能と思います。欲を言えば内枠が欲しかったですが、スタートである程度の位置を確保しにいくことが好走条件となりそうです。

△1クロノジェネシス
冒頭記載の通り。勝たれたら諦めます。

△2ワールドプレミア
この馬も当初本命候補でしたが、陣営から「多分ポジションはうしろ」と残念なコメントが。昨年のように追い込むことは難しいと思いますがどうでしょう。

△3カレンブーケドール
最近は同じ騎手が乗り続けることが逆に珍しくなりました。あと一押しは余程脚質を変えるとかしなければテン乗り騎手では得られないように思います。願望込みで3着までとします。

△4ラヴズオンリーユー
枠と距離適正、臨戦過程で。

買い目はまだまだ悩みますが
確実に購入する3連単買い目は
◎○→◎○▲☆△1△2→印全部 60点

ではあと数時間、一緒にいい夢を見ましょう!
グッドラック!!





それではワカワカさんの予想です。

しろりゅうせいさんのブログに
久々の投稿、最近有馬記念は当たって
ないのでそろそろ当てて
いい年越しにしたいところです。

◎カレンブーケドール
善戦するが勝ちきれないそんなイメージ
のカレンだが、今回は鞍上を
グランプリ男の池添にしてきた。
有馬記念はテン乗りにいいイメージないが、
池添は2019にマイルCSのインディチャンプ、2020安田のグランアレグリアと
テン乗りで見事勝利している。
またJCハナ差4着で3強の一角を崩す力を
みせているのだから、
3強がいない今回なら1着でも皆納得であろう。


○ラッキーライラック
最初は完全に切り捨てでしたが、
エリザベス女王杯の走りを見直して
考えを見直しました。
大外枠からあの4コーナーでの捲り
は着差以上の強さ。
2:10.3の時計も優秀。
距離がどうかとの問題もありますが、
中山2500mはごまかしがきく。
今回のエリザベス女王杯は阪神の2200mの小回りで仮想中山2500mの試走としては
申し分ない。
宝塚は馬場に泣いたが今回は
有終の美を飾れるのではないか。

▲オーソリティー
アルゼンチン共和国杯の走りで、
重い印を打とうと決めた。
前走久々ながら、古馬を一蹴。
叩き2戦目で更なる上昇が見込める。
有馬記念は3歳馬の好走例も多く、
古馬撃破で力が足りていることは証明済み。
大掛けあっても驚けない。

☆キセキ
昨年の有馬記念5着馬。
中山が向いているとは思わないが、
あのJCでの大逃げで、また一段変わって
くるのではないかと思っている。
引き続き浜中が騎乗することもいいし。
角居調教師の最後の芝G1で
上位人気馬に一泡吹かせるだけの資格は十分だ。

△ワールドプレミア
あと1戦様子みたい。
△フィエールマン
中山が向かなそう。
△クロノジェネシス
人馬とも初有馬。特にクロノが
中山未経験なのが割引き。
△ペルシアンナイト
中山巧者で3着ありそう。

買い目
3連単
◎○▲―◎○▲☆―◎○▲☆△△△△
54通りで勝負!!









しろりゅうせい

出身地:北海道釧路市
現住所:埼玉県の武蔵野線沿い
趣味:競馬、野球観戦、たまにゴルフ
   温泉は大好きです。

一口馬主愛馬応援します。
(友駿26年、キャロット8年)
ラーメンを中心としたおいしいもの。
野球はジャイアンツの応援。
その他、いろいろ書きます。

2013年度愛馬出走成績
80戦 1着6回・2着6回・3着6回
2014年度愛馬出走成績
90戦 1着3回・2着4回・3着5回
2015年度愛馬出走成績
84戦 1着7回・2着6回・3着4回
2016年度愛馬出走成績
73戦 1着3回・2着2回・3着8回
2017年愛馬成績
86戦 1着9回・2着4回・3着8回
2018年愛馬成績
104戦 1着9回・2着12回・3着6回
2019年愛馬成績
110戦 1着14回・2着6回・3着8回
2020年愛馬成績
127戦 1着8回・2着6回・3着10回

2021年愛馬成績(02/20現在)
20戦 1着3回・2着1回・3着0回

01/14 セレンゲティシチー 1着 
01/17 レディアリエス   4着
01/18 シュテルンシチー  9着
01/18 ヴァンベールシチー 11着
01/20 モンテローザシチー 13着
01/20 シャルマンシェリー  1着
01/23 サイファーシチー  8着
01/23 コンクエストシチー  6着
01/30 モーリスシチー   5着
01/30 シュテルンシチー  4着 
01/30 ローズパルファン 13着
01/31 グリニッジシチー 6着
02/06 エイムアンドエンド 1着
02/07 ホワイトクロウ  10着
02/08 セレンゲティシチー 9着
02/13 シュテルンシチー  9着
02/14 モーリスシチー  13着
02/16 モンテローザシチー 5着
02/20 レディアリエス   2着
02/20 ペルセウスシチー 6着